各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

日本バスケット女子の活躍で、日本にバスケット人気が定着するか?

2016.08.23

サポーター


リオオリンピックでの女子バスケットボールの活躍は素晴らしいものがありました。世界ランキングで15位、16位という位置にあった日本女子でしたが、予選リーグでは上位ランキングの国を相手に互角に戦い、見事に決勝リーグに残りました。残念ながら決勝リーグの初戦の相手が世界ランキング1位のアメリカであったことは不運なことでした。

 

バスケットに携わった人から見れば、決勝リーグに残ったことがどれほどの快挙なのか理解していると思います。20年ぶりのオリンピック出場でさえ快挙だったのですから。

 

ところで、日本ではなかなかバスケットボールが人気スポーツに食い込めません。近年は団体が複数に割れている状況で、バスケットボール界全体にとって不幸な時間がありました。バスケットボールは小学校時代からミニバスケ等で参加する機会がある、誰にでも馴染みのあるスポーツです。中学高校のほとんどでバスケットボール部はあるでしょう。体育授業でも行うほどです。

 

これだけ係わりを持つ機会が多いスポーツにもかかわらず、なぜバスケットボールはメジャーになれないのか・・・。

 

いくつかの要因があるのかもしれません。

 

まず第一に考えられるのは、世界レベルとの差があります。アメリカのNBAをテレビで見ていると、あまりに日本のバスケットボールと違うことに驚かされます。日本人にNBAの存在を広く知らせてくれたのは、マイケルジョーダンではなかったでしょうか。

 

マイケルジョーダンを初めてテレビで見たとき、他の選手より身長が低いことから、小柄な人がスピードで勝っているのか、と思ったものです。ところがジョーダンは198cmもあったことに驚いたものです。

 

これがバスケットボールの世界レベルなのです。もちろん日本人選手の中にも身長の高い人がいますが、多くが200cm以上なはずもなく、まして200cm近い長身であれほど軽やかにプレーできる運動神経のある選手がいるのか・・・。

 

日本で人気が出るためには、国際試合で互角に戦える実力がないとダメでしょう。そういった意味では、今回オリンピックで日本女子が海外と互角に戦えたことは大きな成果だと思います。

 

日本で人気が出ない要因に、ゲームの進め方をあげる人がいます。バスケットボールは1試合が4クオーターに分かれています。10分間戦って中断、これを4回行い終了なのですが、点数が加算されていくので、大差がついた試合内容では逆転の可能性が低くなって、興味が半減すると言われます。

 

他のスポーツはどうかと言うと、テニスならゲーム毎、セット毎に勝敗が決まりますから、最後まで目が離せません。バレーボールも同様にセット毎に勝敗が決します。卓球も同様なルールになっています。

 

点数が累積していくスポーツが他にないかと言えばあります。野球もサッカーも同様に点数が累積されますから、大差がつくと球場から帰る人が出始めます。しかしこの両スポーツは日本で人気があります。それは最初に上げた要因、世界レベルで戦える実力があって、国際試合がテレビ放映されることで人気があるのです。

 

バスケットボールが日本で発展しない理由は他にもあるでしょうが、まずは日本代表チームが海外相手に十分に戦える実力をつけることが大切ではないでしょうか。バスケットボールの団体も統一され、ジュニア世代の育成にも力を入れ始めたと言います。

 

また実力のある選手は海外でプレーするチャンスを得ることができるかもしれません。世界レベルでプレーする選手が増えることで、その選手に憧れてバスケットボールに興味を持ち、運動能力の高い人がバスケットボールを選択するようになれば、10年後20年後には常にオリンピックでメダル争いができる国になっているかもしれません。

 

そんな時代になっていれば、国内のプロバスケットも成功していることでしょう。バスケットボール用のアームカバー(アームウォーマー)やバスケット用サポーターも弊社を代表する商品に育っているのかもしれません。

 

 


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ