各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

鉄人レースが石川県小松市で開催されます。人な何故、過酷なレースに挑戦するのでしょうか。

2016.09.10

その他


9月に入って少しずつ過ごしやすい天気になってきました。今週から来週にかけては全国各地で運動会なども催されることと思います。今日も地元小学校では運動会が開かれていますが、好天に恵まれ良かったですね。

 

全日本鉄人レース2016

 

少し先ですが、9月25日(日)、小松市でKOMATSU全日本鉄人レース2016が行われます。鉄人レースという言葉を知っている人がどれだけいるでしょうか。大会名を聞いただけで尻込みしてしまいますね。

 

このレースはたいへん歴史が長いようなんです。年表はこちら

 

第1回が1982年となっていますから、実に34年もの長きにわたって行われているのです。まさに小松市民にとっては、秋の風物詩と言ったところでしょう。9月末とは言え、まだまだ暑いんじゃないかな、と思いますが、毎年500人程度がエントリーしているようですね。

 

確か、完走すると翌日の朝刊に住まいの市町村名と名前が載っていると思います。

 

レースが幾つかあるようで、ちょっとご紹介。

 

鉄人・・・BIKE60km 登山10km RUN20km

ロング・・・第1RUN6km BIKE60km 第2RUN20km

ショート・・・第1RUN6km BIKE60km 第2RUN6km

 

これ以外にチーム参加のコースもあるようですよ。

 

鉄人の制限時間は6時間30分だそうです。登山10kmなんて想像できないなぁ。ショートの制限時間は4時間20分だそうで、これだって十分に厳しい戦いだ!

 

ここ数年、ランニングブームが続いていますが、皆さんも楽しんでいらっしゃいますか。私はランニングをしていないので走ることの歓びが判らないのですが、ランニングをしている人の話を聞くと、随分嬉しそうにランニングの良さを教えてくれます。

 

亡くなった登山家のジョージ・マロリーの有名な話

 

「なぜ山に登るのか?」との問いに

「そこに山があるから」 という有名な言葉があります。一度は聞いたことがあるかもしれませんね。

 

ランニングなら・・・

 

「人はなぜ走るのか?」 「それは道があるから」 

 

こんな回答になるのでしょうか。人は何故走るのでしょうか。自ら過酷なことに挑戦するのでしょうか。鉄人レースもエントリーにお金が掛かるんですよね。完走したらお金もらえるんじゃないですよね。

 

今は走っていない私も、ある時走ることが楽しくて楽しくて仕方のない時がくるんだろうか・・・。

 

鉄人レースに参加する皆さん、元気に完走して下さい。身体が痛くなったら迷わず山屋産業のサポーターをお使い下さい。翌週また鉄人レースに参加できるほど回復します(?)。

ひざサポーター

ネオプレン生地で作ったひざ用サポーター

 


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ