各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

2016年全米OPはワウリンカの初優勝で幕を閉じました。またしてもジョコビッチの前に立ちはだかったワウリンカの勝負強さを感じます。

2016.09.12

その他


テニス用サポーターを生産している山屋産業です。錦織の活躍によってテニスの裾野が拡大してきましたが、今大会でグランドスラム初優勝をして、一気にテニス人気爆発と願いたいところです。

 

2016年全米OP決勝が先程終わりました。ワウリンカの見事な逆転勝ちです。全米OPは初優勝で、自身グランドスラム3勝目。これでウィンブルドンを勝てば、生涯グランドスラムの偉業達成となります。

 

ワウリンカは本当に実力を推し量ることが難しい選手です。片手バックハンドの威力はツアー選手随一で、ツアー優勝15勝も立派な成績です。しかしながら、グランドスラム3勝もする選手が、ツアー通算15勝とは全く少ない気もします。錦織はグランドスラム優勝なしで、ツアー通算11勝してますからね。

 

やっぱりこの選手はムラがあるんだなぁ。ワウリンカはグランドスラム3年連続優勝で、初めて勝った全豪OPが当時29歳だったと思いますから、遅いグランドスラム優勝だったのです。一時の上位ランクかと思っていたのですが、コンスタントにランクング4位あたりをキープしつつ、昨年はジョコビッチを破っての全仏OP優勝。

 

そして、今シーズン最後のグランドスラムで、またしてもジョコビッチを破っての優勝。29歳から31歳にかけて、毎年1勝する勝負強さはどこにあるのか?

 

このワウリンカの優勝を見ていると、錦織にもまだまだチャンスがあるんだなぁ、と思えても来ます。まだ錦織26歳ですからね。勇気をもらえると言えなくはないですが・・・。

 

ジョコビッチはワウリンカに勝ち越しているのですが、ワウリンカの集中力が凄いんでしょうね。ジョコビッチの中にも良いイメージがないのかもしれません。

 

ワウリンカに生涯グランドスラム達成の可能性はあるか?

 

残る全英OP【ウィンブルドン)はサーフェスが芝というツアーの中でも特徴的なものです。ここは簡単ではないかもしれないですね。過去のワウリンカの成績を紹介しておきましょう。

 

2013年 1R

2014年 ベスト8

2015年 ベスト8

2016年 2R 

 

過去ベスト8が最高なんですね。ちなみに錦織はというとベスト16が最高成績。う~ん、これは厳しい大会か。ワウリンカ難しいかなぁ。

 

この試合が錦織だったらどうなっていたかなぁ、と想像した人も多いでしょが、いずれ来ます。ワウリンカ31歳、まだ錦織5年もありますよ。まずはツアーファイナルに残れるように頑張って欲しいものです。

 


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ