各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

マラソン季節到来! スギ花粉が飛び交う中練習している人を見かけることが多くなりました。

2017.03.13

その他


3月11日~12日の週末は好天に恵まれて、外での遊びに興じた人も多かったのでありませんか。

 

我が家も金沢市内で行われた交流イベントに参加。森林公園内には芝生広場もあって、盛んに走り回る子供の姿を見かけました。幾らか風もあって肌寒さを感じることもありましたが、子供は汗をかいているのか、上着を脱ぎ出しシャツ1枚で駆け回っていました。

 

ふきのとうもあちらこちらで見られ、中には熱心に摘み取っている人もいて、春が来たことを実感できる週末です。

 

車で街を走っていると、ランニングの練習をしている人の何と多いことか。天気が良いこともあり、走ることが楽しくて仕方がない、といったところでしょうか。

 

3月12日には、2017能登和倉万葉の里マラソンが開催されました。フルマラソンや10kmコース、ウォーキングなどもあって、幅広い方が参加できる工夫もされていたようです。

 

週末の森林公園内にも花粉をたっぷりつけたスギの木が植えておりましたが、マラソンランナーの人はこの時期のスギ花粉は大丈夫なのでしょうか。

 

私個人的に花粉症ではないのです。しかしながらこの5年ほどでしょうか、毎年2月頃になると唐突に鼻の回りが湿っぽくなります。毎年風邪の引きやすい時期とも重なるため、例年風邪になったかな? と感じることがあるのです。合わせて目の回りがちょっとかゆいかな、と。

 

大抵、1日ほどして「あっ!スギ花粉か。」と思い当たるのです。でも、この1~2日で鼻の湿っぽさから解放され、症状が悪化することもなくフェードアウトしていきます。

 

これ、花粉症ではないでしょうね?

 

ランニングの練習をするには良い天気ですが、この時期のスギ花粉は何とかならないものでしょうか。高級マスクが随分と騒がれた時があります。一方で使い捨てマスクも安価に入手できます。

 

こんな話を聞いたことがあります。マスクの話ではありませんが、使い捨ての文化に疑問を持ち、洗濯すれば繰り返し使用可能なエコ商品の購入に、環境意識の高い人が向かっている流れがある、というのです。

 

例えば、オムツであったり、生理用品であったりが具体的な事例です。使い捨てというのは衛生的であり、手軽で安価で便利なものですが、そこには化石燃料や森林資源、農薬使用といった環境負荷が一定程度かかっているものです。

 

地球に優しく、未来の子供たちにこの自然を繋げるという発想があるんですね。

 

この時期に欠かせないマスクも、洗濯可能な商品が目に留まるようになるかもしれませんね。デザイン的に優れていて、呼吸もしやすい商品であれば、スポーツをしながらでも活用が出来、新たなマラソングッズとなるかもしれません。

 


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ