各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

出来るなら身体の骨を丸ごと組立直してもらいたい。正しい姿勢に戻れたらすこぶる健康になれるのに。

2017.03.24

その他


通販などのカタログやチラシなどを拝見していると、姿勢を矯正するようなグッズが数多く見受けられます。例えば、歯の噛み合わせを矯正するマウスピースもそうですね。それから猫背を矯正するサポーターなども該当します。O脚を治すグッズなんかも永年販売されている商材でしょうか。

 

世の中の多くの人は姿勢というものに関心があって、またその悪さから来る体調の不良というものを意識している証拠でしょうか。多くの人が多かれ少なかれ、この姿勢の悪さからくる問題を解決したいと思っているのではないでしょうか。

 

私も姿勢に関しては何とかならないかと常日頃から思っている1人です。いつも思う事は、もしも可能であるならば自分の身体を一度バラバラにして、もう一度きっちりバランス良く組み直してもらえたらな、と。

 

そうしたら関節の痛みや肩こり、噛み合わせの悪さ、体調全般が大きく改善されて、病気知らずになるんじゃないか、と思うのです。私を同じようなバカな発想したことある人、多いと思いますよ。

 

身体のバランスが崩れる原因に、「カバンを決まった肩に掛けること」「脚を組んで椅子に座ること」「食事の際に同じ側で噛むこと」「靴が合わず外反母趾になること」等、色々と言われます。

 

具体的に原因を聞くのですが、これは意識しないと改善は難しいでしょうね。人は無意識に行動していますから。

 

もしかしたら、身体のバランスが改善するかも、と思わせる本を先日紹介されました。

 

「開脚本」だったのですが、知りませんでしたが、随分流行っているようですね。

 

実は本は読んでいないのですが、開脚=身体の柔軟性=姿勢改善という方程式が頭の中で出来ました。身体が硬いことで関節可動域が制限され、その可動域の範囲内で身体の動きを制御しようとするため、無理やりバランスを取っている結果、全体に不都合が発生しているのではないか、と結論づけました。

 

小さな子供を見ていると、身体は柔軟だし、顔も左右対称のように見えるし、姿勢はすこぶる良いのです。動きに無駄がなく、力だって入っている感じもしないです。

 

柔軟性を取り戻せたら、小さな子供のようになれるんじゃないか。そう思いながら、開脚本を開くことなく返したのでした。出来れば苦労なく、もっと簡単な方法がないか。薬を飲んだら治る時代が待ち遠しい。


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ