各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

熊本地震から1年を機に、もう一度防災への備えについて見直してみたい。

2017.04.14

サポーター


2016年4月14日の夜に熊本地震が発生したということで、今日はちょうど1年になります。この時の地震は後に前震であったと判り、16日には本震が発生するのです。大きな地震が2度に渡って起こり、甚大な被害をもたらしました。熊本のシンボルでもある熊本城も被害を受け、復元工事はこの先何十年にも及ぶだろうと聞きます。

 

 

地震が発生するといつも思います。忘れたころに本当にやってくるんだ、と。九州地方は比較的地震が少ない地だと言われておりながら、今回の地震規模が起こるのですから、日本列島の中ならどこでだって同じ規模の地震が発生する可能性があるのだと、よくよく理解することから始めたほうが良いと思いました。

 

 

この北陸地方もそうです。台風は来ない、地震は少ない、災害が少ないと思っている地元の人が何と多いことか。大抵の人は災害の少ない住みよい土地だと太鼓判を押します。

 

 

でもそんなことはないんだろうと思った方が良いのです。災害は発生するものだとの思いから、常に防災対策を怠りなく進めておくことが、いざ万々一の時に生死を分けることになるのかもしれない。

 

 

我が家には老夫婦と幼い子供がいます。近年の災害を目の当たりにして、一家の大黒柱として災害時に家族を守ることが可能なのかどうか、真剣に考えることが増えました。

 

 

人はどうしても体験しないと理解できない部分はあるでしょう。書いている私自信にしても十分な防災グッズを準備をしていると言い難いです。水は備蓄していますが、量が十分に足りているところまでは確保していません。

 

 

自宅の周りは高齢者家族も大変に多く、ひとり住いの高齢者もいらっしゃいます。地域のコミュニティーで力を合わせて対応しないといけないでしょうが、若い人がいないのが現実。

 

 

自身の家族と近所の高齢者を守るまで出来るのか?

 

 

本当に本当に少しずつではありますが、備えを始めています。LEDライトや乾電池、キャリーカートや折畳みイス。日頃から活用できるものを中心にして、全く無駄にならないようなものをピックアップしながらの準備です。

 

 

無駄かな、どうかなという発想自体が間違っているのかもしれませんが、あれもこれも何でも購入もできず、またその保管場所だって頭を悩ませます。

 

 

社内で聞いてみても、万全の備えという人は見当たりません。水を準備していない家庭も結構あるようです。こうした機会にお互いの備え方を報告し合って、我が家はどうなのだろうかと検証してみることが良いかもしれませんね。

 

 

弊社はサポーターを作っていますが、保温目的としてサポーターは手頃で手軽で嵩張らないものです。ひとつ準備しておいても良いと、いつも思っているのです。避難所でも外でも寒さは大敵、サポーターで身体を温めることだってできます。

 

 

余震を警戒して家の中に入らない人の話をよく聞きます。確かに怖くて落ち着かないでしょう。寒空の下、寒さに震えるようでは、体力だって低下していきます。そういったことをイメージしながら、備えの中に私はサポーターを入れているのです。

 

 

保温用のサポーターの中には手のひら用のサポーターもあります。ハンドサポーターとも言います。

 

 

ハンドサポーター

手首も保温ができます ハンドサポーターとも言います

 

 

 

 

こんな格好をしたサポーターを見かけたことはないですか? ドラッグストアの店頭ではあまり売られていないかもしれませんが、このサポーターは機能的で大変便利なものですから、使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

まず第一に、手首が隠れるので、手首の保温に適しているのです。人は首とつく部位を温めることが良いとされているのは聞いたことがあると思います。首、手首、足首ですね。

 

 

次にこのサポーターの良い点は、5本指とも先が抜けていることです。指先が出ているので、指先の自由が失われません。例えばスマホの画面をタッチすることだって可能です。またパソコンのキーボード操作だって問題なし。物をつかんだり運んだりすることだって出来ます。

 

 

指先が覆われていないのはマイナスじゃないか、と思われるかもしれませんが、そんなこと気にならないほど使い勝手が良いことに気付くはずです。

 

 

先程も書きましたが、残念なことにてのひら(ハンドサポーター)は、店頭で見つけることが難しいんですよね。弊社の保温用シームレスサポーターの中では、売上枚数に上位に来ているんです。

 

 

接骨院や整形外科といった医療ルートでの販売が主であるので、もっともっとドラッグストアでも取扱いして欲しいところです。

 

 


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ