各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

静電気軽減糸エレカットがあたなを守ってくれる!

2017.04.15

その他


昨日、糸商さんが来社されました。いつも面白く興味深い話を持ってきてくれるのですが、今回もグイグイ引き込まれる話だったのでちょっとご紹介します。

 

静電気は身体に良くない?

 

皆さんは静電気を意識することはありますか? 乾燥した冬場など、セーターやジャンパーなども脱ぐ際にパチパチっと音がしてまとわりつく不快感を経験しますよね。あれが静電気です。

 

 

それから車のドアや室内のドアノブなどを手で触れた際、バチっと音を立てて痛みがはしることがあります。あれも同じですね。

 

 

この静電気が身体にとって宜しくないのではないか、という話を昨日は伺いました。以前から私もこの静電気というものが身体にとって、何かしら影響を与えているのではないか、と疑念を抱いていました。

 

 

静電気は髪の毛にとって良くないという話は聞いたことがありますか? 洋服を脱ぐ時、特に女性は髪の毛がまとわりつくことが多いのでは。これが髪の毛にダメージを与えているのではないか、と言われています。

 

 

そう言えば、ヘアドライヤーでマイナスイオンを発生させるものがありませんでしたっけ? マイナスの電気で打ち消すことによって、髪の毛をサラサラ(まとわりなし)にする目的のようです(?)。

 

 

服を脱ぐ際に発生する静電気に関して、消費者からアパレルメーカーに対して問合わせが多く寄せられるそうです。改善を希望しているらしいです。皆さん気になるんですね。

 

 

今は少し落ち着きましたが、この季節は杉花粉が飛散しており、花粉症の人にとっては苦しい時期です。私もこの数年、鼻がむずむずしたり耳がかゆくなったり、と花粉症特有の症状が軽く出てきました。本格的発症も近そうだと心配しています。

 

 

静電気はこの花粉も引き付けるやっかいなものです。服に静電気を帯びていると、花粉を引き寄せますから、マスクをしていても服に着いた花粉にやられてしまいます。花粉の付きにくいサラッとした素材選びも大切なのですが、そもそも花粉を引き寄せるようでは困ります。

 

 

静電気は衣服の摩擦や乾燥肌が関係しているようです。昔は天然素材を使った着物、履物は藁で作ったぞうり、といったように何もかも自然のものを活用していました。天然繊維は静電気を発生しにくいことが判っています。ぞうりや裸足は地面に接地することから、アースの役割を担っていて静電気がたまりにくかったと思われます。

 

 

ところが文明の利器で、化学繊維の発展やゴム底の靴の登場などにより、衣服が擦れることによる静電気が発生したり、ゴム底のためにアースの役割をしないなど、身体に静電気が溜まりやすい環境に変化してきた事実があります。

 

 

しかし、静電気そのものが人体に与える影響がどのようなものか、今もってはっきりしないこともまた事実。私自身は良い訳はないだろうから、やっぱり悪いかなという程度の認識です。

 

 

静電気が身体に与える影響も徐々に解明されていくと思います。 

 

 

そこで糸商さんから紹介された糸がこちら。

 

エレカット

 

 

静電気除去エレカット糸のパンフ表紙

 

 

エレカットミシン糸。衣服のまとわりつき、脱衣時のパチパチを軽減。不快感を快感に変える静電気軽減糸とあります。

 

 

エレカットパンフ

 

 

静電気はなぜおきるのか?

 

静電気は物と物をこすったり、引き離したりしたときに発生する電気のことで、プラス(+)に帯電する場合とマイナス(-)に帯電する場合の2種類あります。帯電したもの同士が磁石のN極とS極のように引き寄せ合うことでおこる衣服のまとわり付や無理やり離された際に流れる電気が衣服を脱いだ時の不快なパチパチの原因になります。

また水分は電気を通しやすい性質を持っているため、湿度が高いと摩擦によって生じた静電気は空気中の水分に伝わって逃げてしまいますが、冬場の乾燥した状態では静電気の逃げ場が少なく帯電しやすくなります。

 

このミシン糸を縫製に使用すると、静電気が軽減されるとのことで、大手のアウトドアブランドや下着メーカーで活用が進んでいるらしいです。静電気軽減の要望が消費者から大変多い業界だという話を聞きました。

 

エレカット見本帳

静電気除去機能を有したミシン糸

 

 

 

 

化繊が登場したことで、静電気が発生しやすい着回しになってきました。ウールのセーターを着て、ポリエステル素材のジャンパーなどを着るという着こなしをしていませんか? 良く見かける着方ですが、この組み合わせなども静電気が多く発生するんです。

 

知らないうちに素材合わせが静電気を誘発しているのですね。そうした不快な静電気を解決する方法として登場したのがエレカットという糸だそうです。縫製糸をして少量活用すれば良いとのこと。縫製部分全部である必要はないそうで、袖口であったり裾であったり、脇部分だったりで良い訳です。

 

こうした縫製を施した製品は劇的にまとわりつきが軽減するとか。スカートなども脚へのまとわりつきがなくなり、履き心地が改善するらしく高評価を得ていますという話でした。

 

サポーター素材も同様に化繊が主となっていますから、こうした縫製への活用も十分に効果が期待できるものと思われます。


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ