各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

トマトの収穫をロボットが行う時代の到来!?

2017.05.25

サポーター


農業用腰サポーターを(農作業用の骨盤ベルト)を生産しています。

 

 

農業用腰サポーター

 

 

 

農作業で慢性的な腰痛にお悩みの方、この農業用腰サポーターは産官学の共同研究により開発された農作業に適したサポーターです。作業着の上から装着でき、撥水加工も施されているので、汚れも気にせずガンガン使って欲しいです。

 

農業用腰サポーター

 

 

関連ブログはこちら

 

 

以前、新聞でパナソニックがトマトを収穫するロボットを開発しているという記事を読みました。トマトの成熟度をロボットの目で確認して、ロボットアームでトマトをもぎ取るというのです。

 

柔らかくて取扱いがデリケートなトマトを、ロボットアームでつかんで取ることが可能になるとは驚かされます。

 

農業従事者の高齢化が進んで行く中で、機械化を急ぐ必要があるのですね。ロボットに任せることが可能になれば、夜中の時間帯だって収穫が可能になるかもしれません。人の手を煩わすことが少なくて済むのなら、随分と農家に人の作業軽減につながります。農業に対する見方も大きく変わることでしょう。

 

 

トマトは野菜の中でもその扱いがデリケートな部類だと思われますが、もちろんキズをつけることにでもなれば売り物にならないでしょう。このように人の手で行われることが常識だと思われていた作業が、ロボットの進化によって機械化がされる日が来るかもしれません。

 

農業従事者の平均年齢が65歳を越えている日本にとって、また農業に従事しようという後継者の不足が叫ばれる中、作業環境の改善や作業効率の改善が望まれています。

 

試験機の開発目処は2019年となっていますが、待ち遠しいですね。

 

 


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ