各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

金魚の飼育は心が癒されるだけでなく、情操教育にも良いと思います。

2017.06.6

その他


6月3日(土)は小雨が時折パラパラする曇り空で肌寒かったのですが、金沢市中心部では毎年恒例の百万石まつりが行われました。このお祭りは加賀藩初代藩主前田利家公の金沢城入場を模した行列を再現したものです。

 

毎年6月第一土曜日を中心とした3日間行われる百万石まつりは、芸能人が参加するイベントでもあるのです。前田利家公とその妻お松の方は必ず芸能人が扮することになっています。

 

 

今年は前田利家公に保阪尚希さん、お松の方に佐藤藍子さんが選ばれました。ちなみに過去には2001年には松平健さん、2006年には高嶋政宏さん、1988年には千葉真一さんなんかもやっています。

 

お松の方には過去、2016年には笛木優子さん、2011年は藤谷美紀さん、2001年には斉藤慶子さんという顔触れです。金沢を代表するお祭りなんですよ。

 

この百万石まつりを目掛けて金沢に観光に来られる人も大変多いのです。まだ見たことがないという人は来年こそ来て下さい。

 

実はこの日、私は百万石まつりを見に行くことなく、北陸最大規模の総合レジャーランド「手取フィッシュランド」に子供を連れて遊びに行っておりました。まだ小さな子供に百万石行列は無理ですからね。

 

 

手取フィッシュランドは石川県能美市にある遊園地と言った感じでしょうか。規模は正直言って小さいです。ゴーカートとかメリーゴーランドなどがありますね。それからバイキングもあります。対象年齢は小学生高学年まででしょうか。小さな子供は安心して遊ぶことの出来る環境で、家族連れでにぎわっています。

 

この日は珍しいものに挑戦したんです。何と!金魚の釣り堀です。前に遊びに来たことがあったのですが、この存在に気が付きませんでした。子供がやってみたいと言うので、30分650円コースをお願いしました。ちなみに1時間コースだと1,000円です。

 

 

30分で釣れた金魚を最大5匹まで持ち帰ることができます。釣れなかった人も3匹もらえるようになっていますからご安心を。小さな釣竿をお借りして、練り餌を針に仕掛けます。

 

子供と一緒に釣竿を持っていたのですが、子供がやたらと竿を動かすので全く釣れる気配なし。こりゃダメかと思っていたのですが、意外や意外釣れる釣れる!

 

子供の手は釣竿に添わせるだけにして、リードは私が行う格好でなら上手いこと行くのです。それでも子供は大喜び! 釣ってる感覚は全くないと思われますが・・・。

 

 

終盤になると子供は私の隣でお菓子に夢中。私が釣った時だけはしゃいでおりました。見事30分で8匹の釣果。自分で見事と言っておりますが、多いのか少ないのか不明ではあります。

 

よって、5匹をもらって帰ることにしました。ところが生き物、簡単に死なせては子供への教育上宜しくなかろうとの思いから、金魚を飼育してみようということになったのです。

 

そこで金魚の育て方について調べてみると、知らない事ばかりで良い勉強にもなります。無知にもほどがあるのかもしれませんが、水道水に入れて飼育しようと思っていたら、これが大間違い!

 

水道水には消毒用の塩素が含まれているため、金魚の環境には相応しくありません。そこでカルキ抜き剤なるものが売っているのです。塩素を中和するものと書いてあります。

 

金魚のカルキ抜き剤

 

 

 

 

このカルキ抜き剤を入れた水で金魚を育ててあげることが最低条件です。早速、近所のコメリでゲット!

 

金魚のエサ

 

 

 

それからお腹を空かせては可哀想ですから、もちろん金魚のエサも必要です。金魚は2週間ほど何も食べなくても生きていると言いますから、あげ過ぎてもいけないのだそうです。日に2回あげればOKでしょうか。このエサは金魚の育った手取フィッシュランドの売店で売られていたものを購入しました。それにしてもこのエサは美味しいのでしょうか?

 

 

それから金魚を入れるケースが必要だろうと思い、ダイソーで500円で売られていた虫かごを購入しました。ところが良く調べてみると、500円程度の虫かごの大きさでは全く金魚には小さ過ぎたのです。今回飼育するのは5匹ですが、40L~50Lくらい水が入る水槽がないと水が汚くなって生きられないのです。

 

 

そこでコメリで大きなガラス製の水槽を追加購入。そこでコメリの店長さんに金魚の飼い方を教わりますと、フィルターやらエアレーションと言った耳慣れない言葉に遭遇。どうやら水をキレイに保つための機械があった方が良いらしいのです。

 

水を定期的に自力で入れ替えようと思っていた私にとっては更なる出費となる話。お手頃価格の商品を紹介してもらいました。

 

ラクラクパワーフィルター

 

 

 

GEX(ジェックス)のパワーフィルターなるものです。正直仕組みが良く判らなかったですが、これを薦められました。水槽に外掛けして使う装置ですが、水をくみ上げてろ過装置を通過させ、その水に酸素を送り込んでから、また水槽の中に水を戻すという仕組みになっているようです。

 

 

水はふんなどで汚れてしまいますから、循環させてろ過装置を通過させ、キレイにしてから戻すことで一定期間は水交換する必要がありませんので随分と手間が省けます。

 

 

この装置を活用することで、水の交換は1週間に水槽の1/3程度~1/2程度入れ替えるだけで済みます。入れ替え量が実は大きなポイントです。

 

 

水槽の中にはバクテリアが繁殖しており、このバクテリアは金魚のふんを分解してくれる重要な存在なのです。水槽の水を一度に交換すると、折角繁殖したバクテリアが全ていなくなってしまい、金魚飼育に適した水が台無しです。ですから古い水槽の水を残すことでバクテリアを活かしておける訳です。

 

 

水の交換方法ですが、水槽用のポンプ式が売っています。100均でもコメリでも売っていますが、灯油を入れる際に使うポンプと同じ様式です。バケツを用意して水を汲み取ればOKですが、その際に金魚のふんも一緒に吸い取ってしまうと良いです。

 

 

抜き取った量の水を補ってやれば良いですが、当然ですがその際カルキ抜きした水を入れることを忘れずに。

 

 

一般的に酸素を水に送り込むエアーポンプのことを、「ぶくぶく」というらしいのです。確かに水槽の中に丸いボールみたいなものが棒の先についていて、そのボールから泡が次から次に出ているのを見たことがありますよね。あれです。

 

あれで水の中に酸素を送ることも出来ますが、この装置なら水のろ過と酸素を送ることが1台でまかなえるので便利なのだそうです。

 

 

こうして金魚を育てるための道具が揃いました。

 

 

金魚の泳ぐ水槽

 

 

 

これが6月4日から我が家で飼い始めた金魚たちです。

 

色々調べてみると他にもあったら良いものがあるようなので、水槽の中に入れてみました。

 

ますは水草です。

 

金魚は観賞用に改良された魚で、もともとはフナだったらしいです。それゆえ草食だそうで、水草を時折食べることがあると書かれていました。コメリで購入した水草は「マツモ」というものです。水草は一般的に光を必要とするので、水槽を日当たりの良いところに置かないと、水草は枯れてしまいます。

 

マツモ

 

 

そんな中、マツモは光をあまり必要としないそうで、枯れにくいという話をコメリ店員さんが教えてくれました。金魚にとって水草はおやつだそうで、枯れるのが早いか食べられるのが早いかの競争とのことです。

 

 

水草以外に石を入れました。水を浄化する作用があるそうで、こちらの真贋は良く判らず。とりあえずダイソーにて購入しました。

 

また水槽にコップの類を2個入れましたが、こちらは金魚が隠れる場所用に準備してみました。金魚は水草の中などに隠れるらしいのですが、コップを置いても良いという記述を見て、我が家もやってみようかな、と。

 

入れた当初はたいそう迷惑そうな様子でしたが、しばらくしてコップの中に入っておりましたね。

 

 

子供の情操教育に良いのではないかと思い、飼育担当をやってもらおうと考えたのですが、水の流れる音を聞いていると大人の方が癒されることが判りました。家の中にサラサラと音がしているのは、大変落ち着くものですね。今は金魚を見ることが楽しみのひとつになりました。

 

 

金魚のエサですが、現在朝の7時頃に1回、夜の7時半頃に1回の計2回あげています。緑のマツモに関しては食している様子は感じられません。エサは3分程度で完食できる量を与えていますが、食べ終った金魚の様子を見ていると、何だか物足りないような仕草が見られます。

 

すっかりエサがなくなった水槽内を泳ぎ回り、盛んにエサを探しているようにしか見えません。ちょっと足りないのか?

 

追記

 

金魚飼育を始めて5日。水槽の底に金魚のふんが目立つようになり、ふんを掃除してあげねばなりません。そこでダイソーにて簡易なスポイトを購入。水槽にスポイトを突っ込み、沈んでいるふんを吸いこんで排除しました。全部を掃除することは無理ですが、ある程度のふんは取れたようです。

 

また、水を交換するための専用ポンプをコメリで398円で購入。同じようなポンプならダイソーで100円で売っています。水槽の半分を目処に水交換をしたいと思います。

 

ちょっと心配な金魚が1匹います。常に底に沈んでいてほとんど動く気配がありません。エサも食べているのか否か判らないほどです。近いうちに1匹だけ別水槽に移し替え、0.5%濃度で塩水浴をさせようと思っています。

 

 

どの程度の期間行ったら良いのか今一つ不明ではあるのですが、上手くいくのでしょうか。やる方も心配です。

 

 

 


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ