各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

ロードバイクを趣味にして週末を楽しむ人を羨ましく思うこの頃です

2017.08.19

サポーター


最近、車に乗っていると良く見かけませんか?

 

「何を?」って、ロードバイクを楽しそうに乗っている人です。

 

週末、子供をスイミングスクールに送り届ける道中は、ロードバイクに最高の道になっているようです。石川県津幡町と宝達志水町を結ぶ道路が新しく整備されたことで、道幅が広くてゆったりしています。適度にアップダウンもあったりして、ロードバイクを走らせる人を頻繁に見かけるのです。

 

 

若い人が多いように思われるかもしれませんが、意外と年配風の人が多いことに驚かされるのです。今の季節は暑いだろうと思うのですが、皆さん楽しそうに見えるのです。自慢の自転車を誇らしげに颯爽と乗っている姿が恰好が良いですよね。

 

 

ロードバイクが一体いくらするのか調べてみれば、これがピンキリでお値段に開きがあるのです。一昔前に比べると、入門タイプを中心に価格がかなり下がっているようですが、一定の性能やブランドを選択しようとすると最低でも10万円以上する代物。

 

 

ママチャリがホームセンターで10,000円を切る価格で売られている昨今、自転車に疎い人にとってみれば、自転車が10万円もするのかと驚かれることでしょう。あくまでこれはひとまず最低価格。ちょっと性能を求めれば20万円くらいはしますし、本格的にレース参戦して競いたいという人は50万円でも足りないと言う人もいるようです。

 

 

長くできる趣味としてロードバイクは年齢問わず人気があるようで、書店に出向けばこの手の雑誌は何冊も発行されており、その人気の高さが理解できます。

 

 

私も楽しそうにロードバイクを乗っている人を見るにつけ、自転車が欲しいなと雑誌を購入したところですが、なかなか結構な値段がするので踏ん切りがつかず・・・。はや5ヶ月ほどが経とうとしています。自転車の保管場所もないことも一因で、まずはどのように保管をすべきかを解決しない限り前に進めそうにありません。

 

 

先月、日に焼けたご近所さんをお見かけして立ち話をしていると、琵琶湖を友人と自転車で一周してきたとのこと。日焼けはそのためだったようです。ご近所さんはロードバイクをお持ちで、週末に乗って楽しんでおります。

 

 

以前から琵琶湖一周をしてみたかったそうで、ひとりではつまらないので2人でチャレンジしたそうです。時間を聞くと、何と11時間を要したのだとか。途中、道路が行き止まりだったりと遠回りをしたことや、友人にペースを合わせたことも時間を要した原因だったようですが、天候にも恵まれて最高だったそうです。

 

 

このツアーを日帰りで行ったというから驚かされます。年齢は私より2歳下ですが、日頃から身体を動かしているので元気がありますね。

 

 

当然のことながら話の流れの中からロードバイクを奨められました。彼は10万円前後のロードバイクを愛用しているそうで。「思い切ってロードバイクを買えば!」と一言。

 

琵琶湖一周とまではいかないまでも、週末に軽く近場を乗るだけでも気分転換にもなりそうですし、やっぱり真剣に検討してみるのも良さそうです。

 

 

ところで、ご近所さんはすっかり日焼けして痛々しい感じだったのですが、日焼け予防をすることもお薦めしておきました。弊社でも生産しているアームカバーはロードバイクだけではなく、車の運転といった場面や、ちょっとしたお買い物に出かける際など、強い日差しを避けたい人に最適です。

 

 

日に焼けることも結構ですが、度を過ぎるのも決して良くありません。琵琶湖一周は7月に挑戦したそうですが、年間を通して一番紫外線が強い季節です。11時間という長い時間、直射日光にさらされていた肌はかなりダメージを負っていることでしょう。

 

 

弊社ではアームカバーを生産したいという方のお問い合わせをお待ちしております。


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ