各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

石川県森林公園でウッド・バーニングを体験してきました

2017.09.7

その他


すっかり秋の気配になってきましたね。朝晩も涼しくなり、風邪を引きやすい時期でもあります。この辺りではインフルエンザが流行り始めたとのこと。保育園や幼稚園などでは掲示板に注意喚起がされています。

 

 

話は夏真っ盛りの8月のことになりますが、弟家族がお盆を利用して遊びに来ました。そこで何か体験できるものがないだろうかと調べたところ、身近な石川県森林公園にお手軽に体験できるものがありましたので、ちょっと紹介したいと思います。

 

 

石川県森林公園は石川県津幡町にある公園です。総面積は1,150haと広大で、キャンプ場やバーベキュー施設、フィールドアスレチックやパットゴルフ場にテニスコートとスポーツ施設も整備されています。

 

 

この森林公園は津幡町民にとっては馴染みのある公園で、町中心部から3kmほどと大変に近いことから、子供を連れて遊びにいったり、昆虫採取(カブトムシ・クワガタ)といったことも出来ます。

 

 

時折、芝生のある公園でイベントも開催されるなど、いつもお世話になっているところです。そんな石川県森林公園では子供たち向けに数多くのイベントを開催しているのですが、それらは定員が限定されていたり、年齢制限があったり、曜日が限定されているといった各種の制約があり予約も必要となっています。

 

 

そうしたイベントとは別に、HPにひっそりと紹介されているのが、お盆休みに私たちが参加した「ウッド・バーニング」というものです。

 

 

ウッド・バーニングとは・・・

 

 

ウッド・バーニングとは電気で熱したペン先を木に押し付け、焼印みたいに焦がしながら絵付けをするものです。小さな子供でも使い方を注意してあげれば、簡単に行うことができるものです。

 

 

ちなみに私が製作したものをご紹介します。

 

 

 

ウッド・バーニング

 

 

 

 

体験の簡単なご説明をします。

 

まずは石川県森林公園のインフォメーションセンターに伺います。そこで施設の方に「ウッド・バーニング」をしたい旨お伝えしましょう。

 

 

そこで焼き付けるために木が必要ですから、材料代として1人200円をお支払します。体験もので1人200円しか掛からない安さが最高です。この体験は事前予約を必要としませんし、通年体験できますので、気が向いたらふらっと立ち寄ることができます。

 

 

お金をお支払すると、施設の人が電気ペンの使用方法や木への下書き方法を教えてくれます。材料となる木には当然絵は描かれていません。

 

 

それでは写真にあるように、絵はどうやって描いたのか? もともと上手くてフリーハンドで書いたのか?

 

 

いやいや、そんなことはありません。私、絵は下手っぴです。ではどうやって書いたのかというと、施設にイラスト画がたくさん用意されていて、そのイラスト画をカーボン紙で書き写すというカラクリです。

 

 

気に入ったデザイン画を書き写すだけですから、誰にでも簡単に絵を書くことが可能です。もちろん、絵に自信がある人はフリーハンドでどんな絵をかいても構いません。

 

 

下絵が掛けたら、いよいよ熱せられた電気ペンの登場です。電気ペンを木に押し付けて焼きを入れるのですが、どの部分を濃く焼いて、どの部分を薄くやいたら良いのか、濃淡の付け方によって作品の出来栄えが変わります。

 

 

濃淡の付け方が良く判らいない人向けに、施設には参考作品が多数展示されております。言わばお手本になりますが、それらを参考にするとより良い作品に仕上がるはずです。

 

 

私は今回、秋らしくどんぐりをモチーフにした絵を選んだのですが、凝り始めると際限なく焼きを入れることになるんです。この体験時間はおよそ1時間30分ほどだったでしょうか。

 

 

小さな子供は途中から嫌になったりして、席を外して外で遊んでおりましたが、大人の方が熱が入るというあり様だったです。わずか200円という低料金ながら、1時間余も楽しむことができますので、これは本当にお薦めスポットです。

 

 

この日は10時半から始めて11時半まで作業を行ったところで、一旦昼食休憩に入りました。この体験スペースの直ぐ隣に「森のレストラン」があるんです。作業を開始して直ぐに森のレストランを予約しておいたので、一旦区切りをつけた上で、ここでのんびり昼食を頂きました。

 

 

石川県森林公園内に森のレストランが存在することは、道路沿いの上り旗や看板で知っていたのですが、実際に食事するのは初めてでした。

 

 

お邪魔してみると、価格も良心的で、なおかつとても美味しかったのです。小さな子供でも食べられるように、小ぶりのうどんも用意してあり、小さな家族連れを想定したメニューとなっておりました。

 

 

当初は体験した後に、どこか食事する店を探すのに再度移動しないといけないと思っていましたので、これには小さな子供を連れた私たちには大変助かりました。

 

 

このお店の存在は地元民なら知っているだろうと思いますが、利用したことがある人は少ないかもしれません。これからはご飯を食べに行くだけでも活用したいと思います。

 

 

森のレストランでの昼食を挟み、再度ウッド・バーニングを30分ほど楽しんで今回は終了としました。

 

 

 

 

ウッド・バーニング

 

 

 

子供が選んだモチーフは男の子らしいクワガタでした。点で焼きを入れていくのですが、5歳の子供でこの程度できます。1時間半はちょっと長すぎたようで、飽きてしまった感じですが、良い体験になったと思います。

 

 

 

ウッド・バーニング

 

 

 

子供はかみさんと1週間後にも行ったようで、今度はトンボをモチーフに選んだそうです。何せ安いので気軽に何度でもいけますね。この時は子供とかみさんで木1枚を使いましたから200円しか掛かっておりません。

 

 

家から車で5分、まさに安近短と言えますね。この体験イベントは地元の人でも意外と知らないのかもしれません。このブログをきっかけに多くの人が知ってくれるといいですね。

 

 

追記

 

9月9(土)~10日(日) 石川県森林公園で森の青空アートが開催されました。

毎回凄い来場者数で大盛況です。今年は10日(日)に行く予定で計画していましたので、子供に石川県森林公園に遊びに行くことを伝えると、

 

「俺、黒い点々嫌やし行かん」と。

 

どうやら森林公園に行くのは、ウッドバーニングをやりに行くものと勘違いした様子。期せずしてウッド・バーニングは当分行きたくないことが把握できました。

 

 

ところで、森の青空アートは結局行けませんでした。駐車場の空きが見つからなく、車を止めることができなかったのです。友人も10日(日)に現地までいったようですが、私たちと同じように諦めて帰ってきたそうです。

 

 


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ