各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

輪になった安否確認黄旗兼エクササイズバンドを考案しました

2017.09.21

ゴムひも


災害時に役立つものを何か作れないだろうか、と思いを巡らせながら考案したものが安否確認黄旗です。弊社が考案したものは単純な旗ではなく、普段はエクササイズバンドとして活用が可能なものです。

 

 

 

 

輪になった安否確認黄旗

 

 

素材はポリウレタンという伸縮性のある糸を主体としており、エクササイズバンドに相応しい強度を持っています。災害時に安否確認黄旗として活用してもらえるように黄色を採用しております。

 

 

以前からご紹介している安否確認黄旗は輪になっておらず1本物の長尺だったのですが、輪にすることで新たな用途が生まれました。

 

 

それはウォーキングに使用するタスキとなることです。

 

 

 

タスキ

ウォーキング時のタスキに活用可能

 

 

タスキに再帰反射プリントをすることで、夜間の視認性も向上します。

 

 

この商品をもう一度おさらいしたいと思います。

 

 

まず第一に、災害時に家族の無事を知らせる役割を担う「安否確認黄旗」としての重要な機能があります。

 

2つ目に、普段から体力維持や健康管理のために活用できる「エクササイズバンド」としての機能を有しています。

 

 

3つ目に、暗い中でのウォーキングなどの際に活用できる「夜間タスキ」としての機能もあります。

 

 

弊社は単純な黄旗では、災害時の時にしか使用しないということに着目しました。確かにネット検索すれば黄旗は安価に入手できます。ところが旗としての機能しかなければ、結局普段は下駄箱もしくは物置に置き忘れられる存在になるのではないかと感じたのです。

 

 

そうならないようにするにはどうすれば良いか?

 

 

それは日常的に使用することが可能なものに置き換えるという発想でした。そこで考え出したのがエクササイズバンド機能を持たせることでした。

 

 

それでは何故エクササイズバンドが良いのか。それは高齢者の方であっても災害時には、ご自身の力で避難しなければ命を守ることができない現実に気が付いたからです。そのためには常日頃から健康であらねばなりません。

 

 

自分の足で歩くことができること、その体力を有していることがどうしても必要になってきます。必ず助けてくれる人が身近にいるとは限らない中で、ご自分の命を守り、連合いの命を守ることを求められます。

 

 

このエクササイズバンドを日頃から自分の近くに置いてもらい、気が付いた時に少しでも身体を動かすという習慣をつけることができると思います。

 

 

このように身近に置くことで、災害に対する意識を持ち続けることができ、啓蒙活動としての役割を果たすものと考えています。

 

 

それからタスキとしての用途です。これは言うまでもなく、健康を維持するためにはとにかく歩くことが大切だと言われます。大災害時に避難するには徒歩しか手段はないでしょう。車の移動は渋滞に巻き込まれることが東日本大震災時の検証で判っています。

 

 

津波が押し寄せる危険がある場合、少しでも高台に避難することが求められますが、そうした場所は階段であったり坂道であったり、と高齢者にとっては厳しい経路です。しかしそこを登り切るだけの体力が必要になってくるのです。

 

 

このタスキを使って散歩やウォーキングを行えば、安全を確保しながら夜でも身体を動かすことができます。何故、体力を維持する必要があるのか? それは災害に備えるためでもあるのだという気持ちを持つことで、ウォーキングも継続可能かもしれません。

 

 

 

安否確認黄旗

反射材をつけた安否確認黄旗が光っています

 

 

 

このタスキをしてウォーキングをし、このタスキを外し公園でストレッチをすることだってできます。散歩とストレッチが一緒にできることも売りのひとつです。

 

 

ご紹介してきた「安否確認黄旗兼エクササイズバンド」ですが、他にこうした商品はないと思います。ひとつで3役をこなす画期的な商品ですから、是非とも自治会の方や、自治体の福祉課の方でご興味を持たれましたらご一報下さい。


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ