各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

今話題の足育(そくいく)を解説

2017.09.26

その他


我が家にも5歳になる子供がいて、毎日元気に遊んでいます。今朝も近所の公園に行って、2人で野球を楽しんできました。こども園でも日中は園庭や近所の公園にお散歩と、身体を動かす機会が多いようです。

 

今年から月に一度、園で体操教室も行われているようで、とび箱や鉄棒、マット運動に平均台といった道具を使った運動教室が子どもたちには待ち遠しいとのこと。小さなうちに思いっきり体を動かし、健康な身体になって欲しいものです。

 

 

子どもはこども園内にいる間は、裸足で生活することになっています。

 

 

 

子供の足型

 

 

 

これは子供が4歳の時に園から頂いた足型だったでしょうか。足の指全体がくっきり写っていて、キレイな足型だと感心します。夏の間はサンダルを園で使用することがありますが、鼻緒付きという条件になっています。裸足や鼻緒付きサンダルの方針ですから、子供の足への影響を十分理解して頂いていると安心しています。

 

 

先週末の23日(土)、子供が靴が小さくなってきたようで新しいものが欲しいと言い出しました。数か月前に買い替えたばかりで決して小さいことはないと判っていたのですが、子供の申し出を大切にしたいと思い、かほくイオン内の靴屋さんに、足のサイズ測定をしに行きました。

 

 

機械測定で正確ですし、幅広タイプ等まで確認できるので、我が家は良く活用させて頂いています。今回も子供の足を測定してもらうと、今の靴でピッタリサイズだと判りました。どうやら子供は新しい靴が欲しかっただけのようです。

 

 

でも、子供から靴のサイズが小さいなどと申告してもらわないと、つい気が付かない内に窮屈な靴を子供が履いていることもあります。時折、子供に靴の様子を聞くようにしたら良いかもしれませんね。以前履いていた靴は外見上、全く破れなどもないキレイな状態でしたので、当分使えるものだと思っていましたが、子供の「小さい」という一言で合わないことに気付いたくらいです。

 

 

子供の成長は早いので、靴も直ぐに小さくなってしまいますが、極端に大きな靴を購入することは控えています。子供の足の成長に関心がありますので、出来るだけマメに買い替えてあげたいと思います。

 

 

ところで、足育という言葉をご存じでしょうか。「あしいく」と読むのは間違いで「そくいく」と読むのが正解です。

 

 

足育とは・・・

 

 

一生元気に歩き続けるための足指を守る健康法のことです。

 

 

爪の切り方や自分に合った靴の選択が大切だと考えられています。

 

 

なぜ、足育が注目されているのか?  

それは足のトラブルが小さな子供にも見られるという心配な調査結果が出ているからです。

 

 

最近の子供たちの中には、外反母趾や浮き指といった足指のトラブルが急増しています。私たちは健康にまつわる仕事をしていますので、外反母趾等の情報に接する機会が多いのですが、先生方のお話しの中で良く子供の足のトラブルを耳にするのです。

 

 

多くの先生が子供の足トラブルを危惧しているのです。外反母趾などは大人の症状なのだと勝手に思い込んでいませんか。実際には足のトラブルは年々低年齢化している決して侮れない重大な問題でと認識しておいて下さい。

 

 

子供の足指を良く観察してみて下さい。きちんと指を開いて伸ばしていますか? 地面に足指がしっかりと接地してバランス良く立つことが出来ているでしょうか?

 

 

足指が変形することなくしっかりと育っていれば、運動能力の向上も期待できますし、転びにくくなります。

 

大人でも遅くはありません。足指をケアする方法はあります。大人であればO脚が改善されたり、身体全体のバランスが良くなることで、ひざや腰の痛みを和らげることも出来ます。

 

 

大人も子供も出来る簡単な足指ケアをご紹介します。

 

手の指を足指の間に入れて、足指を甲側にゆっくり伸ばします。今度は逆に足指を足裏側にゆっくり曲げましょう。

 

皆さんもこの方法、一度は何かで見たことはありませんか。これを両脚合わせて5分やることで改善します。

 

 

小さな子供に無理なサイズの靴を履かせたばっかりに、後々子供の足トラブルが発生したのでは、お互いに悲しむことになります。小さな子供を持つ親として、成長期の子供に半年程度で靴を買い替えるのは、金銭的負担感は良く判ります。

 

 

でも、この仕事をしていると本当に子供の足指トラブルや、運動能力の低下傾向など、将来大人になった際に大丈夫なのだろうか、という話を良く耳にするのです。

 

 

そういった情報を先生方から直接聞き及ぶため、私自身も少々神経質になっているのかもしれません。しかし子供の成長スピードというのは、日頃接していても気が付かないものです。特に足のサイズとなればなお更、関心の薄いところかもしれません。

 

 

子供の骨は柔らかく、それゆえ足指トラブルの可能性も高まりますので、今一度子供の靴や足指のケアを考えてみてはいかがでしょうか。

 

 


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ