各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

何でも上手に隠したい! トイレットペーパーだってお洒落に変身できる

2017.11.20

企画開発中


インテリアに拘りを持っている人は多いですよね。我が家の近くには家そのものがアメリカンスタイルの家があります。外溝だってアメリカそのもの、庭は広くて映画で見るような芝生が一面に張ってあります。まさにアメリカ映画のワンシーンのような家です。

 

 

このお宅にもちろんお邪魔したことはありませんが、想像するにアメリカをイメージさせるインテリアになっているだろうと思います。まさか純和風なんてことはないでしょう?

 

 

皆さんそれぞれ好みが分かれますから、家族で相談しながら思い思いの家具や絵画、小物を活用して、特徴あるインテリアで楽しんでいることと思います。

 

 

そうした中、私とかみさんの好みはと言うと、とにかく生活感がある雰囲気が嫌だ、ということです。この考え方は意外と多いのではないかと思っているのですが・・・。

 

 

どんな雰囲気が希望かというと、ホテルのようなイメージだと言えます。例えばホテルの洗面室って、基本的に何も置かれていないと思いませんか? 必要なものは最低限の数しかなく、不要なものは一切その場には置いていない感じです。

 

 

簡単に言ってしまうと、普段は表に一切出てきて欲しくないんです。倉庫や引き出し、棚の内側に全部隠れていて欲しい。

 

 

ところが現実は悲しいかな、そもそも家が小さいから収納スペースが絶対的に不足しているのです。この意見には多くの人が同意してくれると思います。

 

 

近年は家具を買いそろえ室内に置くという発想がなくなっているそうです。家の建てる際に、ウォークインクローゼットなどを作ってもらうようになっているのです。そうすることで室内インテリアも統一されてお洒落になりますよね。

 

 

問題はこの先にあるのです。皆さんはもうお気づきですよね。

 

 

そう! このやり方では収納スペースが十分に確保できず、結局のところ不足した収納スペースを別途買い足した家具やクリア収納ケースといったもので、補うという悲しい結果になることが多いのです。夢と現実には大きな隔たりがあるのです。

 

 

我が家も同じ境遇にあります。本当は全て棚の向こう側に仕舞いこんで隠したい。家の中は常に何もないように見える、スッキリとした見た目。こんな生活感のないライフスタイル、インテリアが希望だったはずなのに・・・。

 

 

そこで、私は何でも隠せるものはお洒落に隠してしまえば良いではないか、と考えるようになりました。

 

 

 

トイレットペーパーカバー

 

 

この写真は一例です。トイレにも収納スペースは作ったつもりです。しかしながらやっぱり足りていない。予備のトイレットペーパーだって剥き出しの状態では格好悪い。トイレットペーパーホルダーの下に布で巻きつけて置く方法もありますが、それは自分の好みではない、と。

 

 

そこで考えたのが、トイレットペーパーカバーとも言うようなものです。上からすぽっと袋を被せるようにしたものを作ってみました。こんなタイプのトイレットペーパー収納あるのかな?

 

 

トイレットペーパーを置く場所がなくて、100均の棚なんかを設置している方もいますよね。それでもトイレットペーパー剥き出しで置くよりは、この方がお洒落でスマートじゃないですか。

 

 

こんな調子で室内に無造作に置かれているものを、ちょっとした生地で覆ってしまう(隠す)ことで、インテリアをガラリと変えることができるんじゃないかと思うのです。

 

 

例えばこんなものはどうですか、タイヤとか。冬に雪が降る地域の方は必ずと言って良いほどタイヤをスタッドレスに交換するはずです。そのタイヤの保管場所が一体どこなのか?

 

 

人によっては自動車屋さんに年中預けている人もいます。当然年間6,000円とか10,000円とかの保管料を払って。もしそれが嫌であれば、自宅で保管することもできます。例えば車庫に置いておくだったり、物置に仕舞うという人もいるかもしれません。

 

ちなみに我が家はタイヤを室内で保管しています。使っていない部屋を物置代わりにしての収納です。このパターンも結構多いのではないかと思います。

 

 

これって場所取りますよね。それにタイヤなんてひと目に触れさせたくないですし、奥の方に仕舞いこむ結果になります。でも我が家はまだ置ける部屋があるだけマシな方かと思えるのです。

 

 

置く場所がなければどうなるか・・・。生活スペースに置かざるを得ないパターンもあるかもしれない。

 

そんな厄介ものに感じるタイヤ収納だって、もしもお洒落なカバーで覆い隠すことが出来たらどうでしょう。インテリアの一部に溶け込むような収納が可能であれば、場所を選ばないのではないですか。

 

 

例えばこれが布ではなくて、天板がついているような丸いカゴみたいなものだったら。カゴの中にタイヤを入れ、上から天板がついた蓋をする。そうすれば小さなテーブルとして活用することが可能になりませんか?

 

 

剥き出しで収納しようとしたり、お洒落にほど遠い味気ない袋のようなもので覆い隠そうとすることに拘ると、置き場所に困る結果になるのではないでしょうか。

 

 

家の中を見回してみると、実に多くのものが剥き出しのままで置かれています。例えば調味料のようなものだってそうです。

 

 

確かに、砂糖や塩などは気の利いた入れ物が売っており、それらに移し替えて使用している人は多いと思います。ところが、しょうゆやドレッシング、食用油など等。キッチンの周りに収納しきれない調味料が置きっぱなしなんてことがあるのでは。

 

 

そんなところにも何かカバーをして、見た目を変えることができたら。そうすれば必ずしも棚の中に収納しなくても、外に置いておきながらお洒落に演出することだってできるかもしれません。

 

 

こんな取り止めのない内容ですが、こうしたカバーを生産することも弊社は可能です。こうしたカバーはノベルティにも使えそうですよね。調味料のキャンペーンなんかの景品にも活用できたりしそうです。

 

 


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ