各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

学習塾向けのノベルティグッズとして、保温用シームレスサポーターを企画中

2017.12.4

サポーター


12月に入り、来春の受験に向けラストスパートの時期に差し掛かってきました。大学入試のセンター試験は1月中頃、正月も返上して勉強に取り組む人もいるでしょうが、残り1ヶ月となりました。

 

 

高校入試は3月ですから、まだ少し時間がかるのかもしれません。これからの追い込みで志望校も変わってくるでしょうし、体調を管理しながら目標に向け、諦めないで頑張って欲しいものです。

 

 

寒やも厳しくなりますし、空気も乾燥しているのでインフルエンザや風邪を引きやすい季節です。こまめに水分を補給するといったことで、喉を潤すことも効果的とのこと。インフルエンザの予防接種をしていない人は、接種しておくのも良いでしょう。

 

 

本人だけではなく家族も風邪を引かないように注意が必要です。折角頑張っている受験生に、家族が風邪をうつしてしまったのでは気の毒ですから、受験生同様、体調管理は家族みんなで取組みたいところです。

 

 

受験に向けた勉強方法として、塾通いをしている人も多いと思います。苦手科目の克服に向けて、全体の底上げのため、と目的はそれぞれですが、同じ気持ちで頑張る仲間に刺激を受けながら勉強すると、成績アップにも直結すると言います。

 

 

私が子供のころに塾通いをしている同級生は少なかっただろうと思いますが、今は時代も変わって、小学生も塾に通っていると聞きます。友人の子供は国語と算数の2科目を公文式教室で学んでいると言います。

 

 

ところで、受験勉強に突入したら勉強一本になってしまい、運動不足になりがちです。そうすると体力も落ちてくると同時に抵抗力も下がってきます。そこに加えて、勉強時間が増えることで睡眠時間も減少しがちです。寝不足から更に体力低下を招くことにもなります。

 

 

そこで身体を冷やさないように、ふくらはぎを温めることをお薦めしたいのです。ふくらはぎは第二の心臓とも言われる重要部位です。下半身の血行を促進し、上半身に滞りなく血液を送り返す役割があるふくらはぎを、是非温めて下さい。

 

 

このサポーターを学習塾の方に一工夫してお薦めしたいと思っています。

 

それは、ふくらはぎ用サポーターに「必勝」「突破」などと刺繍で書き、そのサポーターを塾生にプレゼントをしてはどうでしょうか。睡眠時間を惜しんで勉強していることは塾長も知っているでしょうが、日々の健康管理にまでは管理できるものではありません。

 

 

しかし風邪を引いてしまっては勉強だってはかどりません。まして試験が近づいての病気では、気持ちにも焦りが生まれて、試験で十分実力を発揮できないかもしれない。頑張ってきたことが十分に報われない、納得のできない結果になってしまいます。

 

 

ということで、勉強も非常に大切だけれども、健康管理も同じように大切だということを、塾を通じて届けてもらう時に、このふくらはぎ用サポーターを一緒に渡してもらいたいと思って企画しています。

 

 

 


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ