各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

開発したカラフル骨盤サポートベルトへの想い

2018.05.26

ゴムひも


カラフル骨盤サポートベルトを開発した経緯と、その想いを書きたいと思います。

 

自分の好きな色や柄を選べることの楽しさだとか、ワクワク感を提供することで、骨盤ベルトへの愛着を持って欲しい、長く愛用して欲しいという想いを込めて企画したものです。

 

 

せっかく購入したのに満足がいかずに途中で使用を止めてしまうことがあるのは、作り手として残念なことであります。

 

 

長くご満足いただきながら使用してもらうには何が必要かと言えば、それは第一に骨盤ベルトそのものが素晴らしいものであることです。

 

 

まずは装着感が良いことが求められます。この製品の特長は、本体生地の厚みがわずか1mm程度という極薄生地で出来ていることが上げられます。

 

 

次に装着における手間の問題があります。特に高齢者に対して装着の面倒なものは好ましいものではなく、一般的に一工程もしくはニ工程で装着可能な簡易なものが喜ばれます。装着の手間はそのまま使用頻度に影響を及ぼし、たとえそれが素晴らしいものであっても、継続した使用には決してつながりません。ですからこの製品は一工程で装着できる仕様となっており、面ファスナーで簡易に締め付け調節可能にしています。

 

 

 

ピンク地に水玉模様がかわいい

ピンク地に水玉模様がかわいい

 

 

装着が続かない理由のひとつは、本体生地が厚くボリューム感があることにより、うっとうしく感じられることが原因にあります。本体生地の薄さは装着感の改善につながり、着けていることを感じさせない心地良さをもたらします。

 

 

しかし、薄さを追求することは決して簡単なことではありません。当然のことながら、生地に薄さを求めれば、すなわち生地にはハリやコシというものが失われ、骨盤ベルトが本来備えているべき締め付け感や適度な圧迫感というものは損なわれる傾向になります。

 

 

また薄い生地は骨盤ベルトに加工された際、生地のコシの無さが原因となり、腰の屈曲とともにベルトが中折れしてしまい装着感の悪化と骨盤ベルト本来の機能を損なう最大の原因となります。

 

 

薄さを追求しながら骨盤ベルトの機能を落とすことなく、最良の骨盤ベルトを開発するという難題を解決することが求められます。

 

 

生地が薄くなるということは即ち、生地の耐久性に影響を与えることであります。一般的に生地が薄くなれば耐久性は落ち、逆に厚くなればそれはアップします。織物生地であれ編物生地であれ、生地の製造に使用する糸や弾性材が太くなれば、当然のことながら出来上がる生地の強度は増しますが、残念ながら生地は糸の太さに比例して厚みのあるものになります。その逆に細い糸や弾性材を使用すれば、生地は薄いが強度が弱くなる傾向にあります。

 

 

この相反する課題を解決する方法にこそ、この製品の最大の特徴と魅力をもたらしました。

 

 

織りあげた1枚の薄い生地では最良の機能を得られなかったのですが、これを2枚重ねとして採用することにより、1枚生地では考えられなかった機能向上を有した生地へと生まれ変わったのです。この発想の転換こそが新しい扉を開く大きな前進となりました。

 

 

すなわち、各々1枚ずつの生地であるものを、各々違う色や柄を用いることによって、組み合わされて新しく出来上がる生地は、表面と裏面で全く異なる表情を有するものとなり、その瞬間デザインという新たな付加価値を加えた魅力ある製品へと変身しました。

 

 

色や柄というものは謂わば無限であります。従来は単色で無機的だった骨盤ベルトが、大袈裟かもしれませんが、アパレル的な要素を兼ね備えたものとなります。消費者ニーズや時々の流行色または柄を取り入れた骨盤ベルトをご提案することも可能です。

 

 

腰痛に悩まされ気分が塞ぐこともありますが、ベルトの装着そのものが煩わしいという想いも、その一因としてあるやもしれません。その気持ちを少しでも和らげることが出来れば素敵なことでしょう。

 

 

自らが好みの色や柄を選択することが出来る骨盤ベルトであれば、その選ぶという行為そのものが前向きな気持ちとなり、購入した骨盤ベルトに愛着を持って長く使用してもらえると思っています。もちろん装着した姿をご覧になれば、明るい気持ちを抱いてもらえると信じています。

 

 

従来からある骨盤ベルトは単色が多く、白、ベージュ・黒などと決して華やかではなく、当然のごとくファッション性に欠け、骨盤ベルトとしての機能を有していればそれで良いのだという、作り手側の押しつけが感じられるものがほとんどで、どこか工業的で無機的なイメージを抱かせるものでした。

 

黒色の骨盤ベルト

従来は黒、白、ベージュの単色

 

 

それは使用する人にとっても腰痛に対応するだけのものでしかなく、実用一辺倒なまさに「物」としての扱いにしかなり得なかったのです。そこに色や柄が新たな付加価値として加味されることで、ファッション性を意識させ、選ぶ楽しみを提供し、使用することに抵抗感を無くすという、継続使用への動機付けとなる大きな役割を担うことを目標としています。

 

 

赤いチェック柄

赤いチェック柄

 

 

 

今までは骨盤ベルトを他人に見られることを由としなかった人も多いと思われますし、色々な理由から使用をためらっていた人も多いと思われますが、この骨盤ベルトの使用をきっかけとして、時には友人に見せびらかしたり、または多くの方に紹介をしてもらえるような、そんな商品であって欲しいと願っています。


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ