各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

サッカー日本代表、W杯ロシア大会の初戦でコロンビアに歴史的勝利!

2018.06.20

その他


6月19日(火)夜9時キックオフのサッカーワールドカップ「日本対コロンビア」の試合を見た人は多かったでしょう。普段サッカーを見ないかみさんも見ておりました。昨晩は家で仲間を呼んで一緒に観戦するつもりだったのですが、結局は誰も来ず・・・。

 

 

始まって早々、正直あまり集中できずにテレビの前で見始めたのですが、いきなり日本のチャンスが訪れて、大迫のゴールが外れて、続けて香川のゴールが外れて、折角のチャンスが得点できなかったと思いきや・・・。

 

 

なんと、相手選手が手を出してPKになってではありませんか。それに加えて一発退場のレッドカードまで出て。開始わずか3分で相手が10人になるという願ってもないチャンスを迎えたのです。そしてキッカーの香川が落ち着いてPKを決め、見事ワールドカップ初得点。この試合勝ったと思いました。おそらく多くのサポーターが・・・。

 

 

しかし、コロンビアは個人技が素晴らしかったです。またスピードがあり、日本選手のそれと比較になりません。やはり南米のチームはレベルが高いと改めて感じました。

 

 

その後は、コロンビア、日本ともにチャンスが訪れるのですが、1点を奪うことが出来ず、このまま前半終了かと思って油断しておりました。

 

 

ところが微妙な判定でゴール前でFKを奪われ、コロンビアにゴールを決められます。少ないチャンスを逃さず、難しいキックをものの見事に決めてくる集中力と決定力には恐れ入ります。10人とひとり少ないにも関わらず、かつ負けている状況でもあきらめない姿勢は日本も見習うべきでしょう。逆の状況なら日本はあっさり追加点を奪われているのでは・・・。

 

 

前半1-1で折返してから、後半スタートだったですが、日本に点が入る感じがしませんでした。もしかすると引き分けか、さらにコロンビアに追加点でも奪われるのではないか、とハラハラしていました。

 

 

こう着した状況で大迫がやってくれました!  

コーナーキックからのボールをヘディングでゴール右隅に叩きつけ、待望の追加点を奪いました。

 

 

試合はこのまま2-1で終了し、日本は南米チームから始めてワールドカップで勝ったのです。大会が始まって幾つかの試合で番狂わせがあったと思いますが、ドイツがメキシコに敗れた試合の次に、この試合が選ばれるほどの衝撃だったろうと思います。

 

 

前回大会では1-4と大敗している相手でしたから、前評判ではコロンビア圧勝と言われる中で、日本は最後まで良く守ったと思います。勝ち点3は最高の出来です。

 

 

過去のワールドカップで初戦に勝ち点を取った日本は、決勝トーナメントに進出しているそうで、今大会も期待が持てます。次戦セネガルはポーランドに2-1と勝利し、勢いがあります。何としても勝ち点が欲しいですね。負けは絶対許されないと思います。いずれにしても結局は3戦目のポーランド戦が予選突破の鍵を握るのは間違いありません。昨晩の勝利で、国内でも一層盛り上がりを見せると思います。次戦24日もみんなで応援しましょう。

 

 

さて、山屋産業ではサッカー用のシンガード、それからストッキングストッパーを取扱いしたことがあります。シンガード、ストッキングストッパーの販売を検討されている方は、一度ご相談下さい。

 

 


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ