各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

災害は地震だけじゃない、水害の恐ろしさを改めて感じます

2018.07.6

その他


この数日、九州から北海道まで日本列島全体が雨模様で、梅雨がないと言われている北海道でも、河川の氾濫で畑が水没しているニュースが流れています。

 

 

四国や近畿でも降り始めからの雨量が相当量に達し、危険水位を越えている河川もあるみたいで、避難を始めた住民も大変多いと言います。

 

 

先日、大阪で大きな地震があったばかりですが、災害は地震だけに限らず水害もあるのだと改めて感じました。京都もかなり降っているようですね。

 

 

私は用事があって不参加だったのですが、明日7日~8日に町内役員会の一部で京都旅行が計画されていました。鴨川で川床ディナーを予定していたようですが、今回の大雨により昨日旅行延期が決定しました。ニュースで見る限り、川床どころではないと思いますね。みんな大変残念がっております。

 

 

雨の様子って、寝ている間は気が付かないですよね。特に最近の家は窓ガラスが二重になっており、遮音性に大変優れていると思いませんか?

 

道路の喧騒なんて全く感じないほどですが、これで寝入ってしまうと雨音も気が付かないのじゃないかと思います。

 

 

地震なら揺れた瞬間に気が付くのでしょうが、雨は上流で降っていて気が付かないこともあるでしょうから、気が付いた時には外出できない、避難できないという事態が予想されます。

 

 

先日、私も自主防災訓練に参加しましたが、家にいる時間帯であれば救助応援可能なのでしょうが、そもそも平日勤務時間中なら、誰が救助活動するのだろうと思いながらおりました。

 

 

やはり、自らの身は自らで守ることを第一に考えながら、今回のような災害時に家族で検討することが必要なのでしょうね。早く安全な場所に非難するのか、それとも既に家に留まるほうが安全な事態なのかどうか。家族が別々の時はどうやって連絡を取り合うか、どこに避難するをすることに決めておくか。

 

 

家族の身、自分の身をどうやって安全確保し、無事に災難を乗り切るか、他人事ではなく自らの身に置き換えて考えてみたいと思います。

 

 

輪になった安否確認黄旗

 

 

 

安否確認黄旗兼エクササイズバンドを考案しました。普段は運動のために使って下さい。いざという時には安否確認用の旗として活躍するものです。

 

 


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ