各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

軽い運動でロコモティブ・シンドロームとおさらば!

2016.05.31

ゴムひも


ロコモティブ・シンドロームという言葉を聞いたことがありますか。外国語で解りずらいですし、聞きなれないという方も多いと思います。もしかしたら最近はCMなどでも目にしているかもしれません。日本語で表記すると、運動器症候群と表すそうです。

 

 

一般的にはロコモと言われますが、このキーワードは国が推進する健康への取り組みにおいて、大変重要な役割を担っています。

 

 

ロコモを簡単に説明すると、健康長寿を目指して、日頃から運動しましょう!ということなのです。健康寿命とは一体何でしょうか。

 

 

今や日本人の平均寿命は80歳半ばになっています。この数字を聞いて皆さんは驚きを感じませんか。亡くなる人の平均年齢ですから、若くして亡くなる人も含めて、この年齢まで生きていることになるのですから。

 

 

しかし、ただ長生きしていることを目的にしている訳ではありません。健康でかつ長生きを目指すのですから、健康維持をしなければいけません。どれだけ長生きをしていても、寝たきりであっては健康な状態とは言えないですよね。

 

 

多くの皆さんが老後生活に抱くイメージというのは、自分が健康であって、周りに迷惑を掛けることなく、自分でできることは自分で行い、亡くなる時はポックリ、どうでしょうか、こんなイメージをお持ちではありませんか。

 

 

国がロコモ対策を推進する大きな理由は、医療費用・介護費用を歳出削減することが第一の目的になります。日本は世界で最も長寿社会である一方、社会保障費と言われる介護医療費が、毎年1兆円ずつ増えています。国が抱える借金は1,000兆円を突破し、既に国家財政は破綻しているとまで言われています。

 

 

最近も消費税を10%にすることを再延期した、とニュースでも取り上げられていましたが、増税をしないとこうした支出も賄うことができない状態だと思われます。

 

 

健康を推進すると何故、歳出削減になるのか。それはみんなが健康であってくれれば、病院に通院することも少なくなるし、薬代も必要なくなるからです。介護費用も同様です。健康な高齢者が増えれば介護の必要が少なくなります。おのずと介護費用負担は減り、財政負担が軽減される訳です。

 

 

一般的に病気を治す治療にかかる費用より、病気にならないように予防する費用の方が安いと言われます。国は治療から予防医学に舵を大きく切っているのです。

 

 

国民としてはこの方針を理解しなければいけません。それは何故か? このまま社会保障費が膨らむことを懸念して、歳出削減をしようとする場合、国が行う政策として自己負担割合の見直しが考えられるからです。要するに、病院を頻繁に利用する人は、それなりに自己負担をして下さい、と。健康は自己責任でお願いします、と言わないとも限らないのです。

 

 

今は、健康な人もそうでない人も同額の保険料を支払っていますが、民間の生命保険なら健康体の人は保険料が減額されています。国に納める保険料に関しても、こうした民間保険の考え方を導入して、健康意識を高めることが検討されているとも聞きます。

 

 

こうして見てくると、ロコモとは高齢者に対しての取り組みというより、むしろ何十年後に高齢者となる現役世代の人たちにとっての対策だと言えるのです。ですから自分はまだ若いから関係ないではなく、将来に渡って健康を維持することが経済的にも、自身の生活の質向上のためにも大切だということなのです。

 

 

では、既に高齢だから今更運動は無理かというと、そんなことは全くありません。いつ運動を始めても、筋力・体力は備わると言われています。当然ながら衰える速さのほうが早いでしょうから、維持しようとするだけでも大変な運動量であることは間違いありません。仮に維持できなくても、衰えるスピードを緩めることは可能なのですから、より健康長寿を満喫できるように頑張ってみましょう。

 

 

健康長寿になるために、一体どんなことをすれば良いのでしょうか。

 

 

ウォーキング

 

無理なく行える運動のひとつにウォーキングがありますが、既にやっているという方も多いのではないでしょうか。20分以上歩くと有酸素運動になり、効果が高まるとも言われています。天気の良い季節は、朝からでも気持ちいいですし、夜の涼しい時間帯を選んで歩くのも良いでしょう。

 

 

手軽に行えるウォーキングですが、やっぱい幾つかの注意は必要です。まず早朝のウォーキングの場合、水分を十分に取ってから行うことを心がけましょう。睡眠中に人は気づかないうちに汗をかいています。汗で失った水分を補給してからウォーキングしましょう。寒い季節の朝は更に注意が必要です。温かな家の中から、急に寒い外に出ることで、心臓に負担がかかります。

 

 

十分な準備運動と温かい格好で散歩をしましょう。首筋をマフラーなどで覆うことも有効です。

 

 

夜間のウォーキングは車に注意しましょう。車から歩行者を確認してブレーキを踏んでも間に合わないこともあります。大切なことは必ず反射材タスキなどを使用してウォーキングをすることです。懐中電灯を持ってウォーキングをしても良いでしょう。遠くのドライバーからでも歩行者が確認できます。

 

 

また、できるだけ街灯の多い、明るい道路を選ぶようにしましょう。近くに公園などがあるなら、是非利用すると良いと思います。

 

 

ウォーキングは何も朝夕の決められた時間に行う必要はありません。仕事中でもウォーキングをすることは可能です。いつもの駅よりひとつ前で下車して、ちょっと歩いてみるとか、できるだけ階段を使うことで歩数を増やすといったことでも良いと思います。

 

 

雨が降ったらウォーキングが出来ない場合もありますよね。もしお住まいの近くに大型ショッピングセンターなどがある人は、そこで歩くなんていうのはどうでしょう。イオニストとかモールウォーキングなどと言う言葉もありますが、意外とショッピングセンターでウォーキングをしている人の話を聞きますが、天気に影響を受けませんので、確かに賢い利用の仕方ですよね。

 

 

トランポリン

 

雨が降ったらウォーキングが出来ない人もたくさんいらっしゃいます。それならお休みで全く問題ありません。そんな軽い気持ちで行う方が、気持ち良く続けられると思います。でも私は身体を動かしたい、けど大型ショッピングセンターなんて気の利いた施設もない、という人にはトランポリンがお勧めです。

 

 

ただし、下の階に人が住んでいるようなマンションやアパートでは難しいのかもしれませんが・・・。

 

 

トランポリンは子供用の小さなものでOKです。ただし体重制限があると思いますので、何Kgまで大丈夫なものか確認してから購入しましょう。我が家にあるトランポリンは80Kgまで大丈夫なようです。直径は1mまでありませんが、そこそこ場所は取ります。脚は取り外し可能ですから分解できるのですが、都度組み立てて使用するようになると、面倒で使わなくなるかもしれないですね。我が家ではリビングに出しっぱなしの状態です。値段はというと、3,000円前後で購入できるのではないかと思います。お近くのスポーツショップでもいいですし、ネットで購入することも可能です。

 

 

このトランポリンですが、調べてみると意外にもいい事だらけのようです。

 

 

トランポリンは大抵の人なら初めてでも使用可能です。2~3歳の子供でもできちゃいます。その取り組み易さが一番のお勧めポイントです。何も高く飛ぼうなんて努力する必要はありません。ただひたすらピョンピョン跳ねていればOKです。初めて使用するとビックリします! 数分跳んだだけで結構な汗が出てきますし、何より脚がだるくなります。運動量としてかなりあることがわかります。

 

 

調べてみると何と! 5分程度の運動で、ジョギング1km相当の運動量に匹敵します。家の中に居ながら十分な運動が可能なのですこの簡単な運動が意外にも運動量が多い点が2つ目のお勧めポイントです。

 

 

トランポリンは脚を鍛えるだけではありません。ジャンプすることで全身運動になっています。これが3つ目のお勧めポイントです。ジャンプをして着地をする、この繰り返しですが、同じ輪の中に留まらなければいけません。すると身体全体でバランスを取ることが要求されます。常に足元を確認しながらジャンプしますから、腹筋背筋が知らず知らず鍛えられているのです。

 

 

このトランポリンを子供の遊具として使用するのはもったいないと感じませんか。大人も子供も互いに楽しみながら、運動効果が期待できる優れモノなのです。

 

 

トランポリンを使って身体を上下に揺らすことで、リンパの流れが良くなると言われています。普段は大きく揺らされることがない身体ですが、トランポリンを活用することで、身体全体の血流も良くなるそうです。滞ったリンパが活発に流れることで、老廃物を流し健康にプラスになります。

 

 

また、トランポリンは単純な運動ですから、かえってそれがストレス発散にもつながります。無心に跳んでいると、いつしか心もスッキリし、良い汗がかけるものです。

 

 

ウォーキングは高齢者でも可能ですが、トランポリンはちょっと難しいかもしれません。そこで高齢者の方も家に居ながら簡単に軽い運動ができるアイテムをご紹介します。弊社でも販売しているエクササイズバンドで

す。

 

 

エクササイズバンド

 

エクササイズバンドでは解りずらいでしょうか。長いゴムベルトを両手で持って、伸ばしたり縮めたりを繰り返して、腕や腰、肩、脚などの筋力アップや、関節を柔軟にするものです。長さはおよそ2mほどありますが、このゴムベルトを握って引っ張るだけで、適度な負荷がかか筋肉を刺激するのです。

 

 

家の中で簡単にできるので、ちょっと空いた時間にやるといったことでOKです。決して強い力がいる訳ではありません。何回か繰り返すことで、徐々に筋肉に疲労を感じます。筋肉が鍛えられている証拠です。こうした簡単な運動を行うだけで、関節周りの筋肉が柔らかくなったり、筋力維持に効果があるのです。

 

 

こうした簡易な運動器具なら、高齢者にも安全にご利用してもらえます。ゴムベルトは丸めてしまえば小さくなります。片づける場所も取りませんし、仕舞う手間もありません。毎日続けられる軽い運動に最適だと思います。

 

 

健康で長生きできる人生が送れたらどんなに素敵でしょうか。リタイヤしてから自分のやりたいことができる体力があるかどうか、それは今この時代に運動をして健康に留意していたかどうかです。

 

 

どんな事も始めるのに早いことはないし、遅いこともないと思います。自分が健康であれば家族に苦労をかけることもありません。確かに健康は自分自身の身に起こることですが、周りの家族のことを思えば決して自分だけの問題ではないと思います。

 

 

今日からでも始められそうで始められないのが、この運動というものだと思いますが、健康長寿を手に入れるためにお互い頑張りましょう。


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ