各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

ウォーキングタグラグビーなんてスポーツがあったなんて知らなかった。

2016.06.28

企画開発中


今年2016年はオリンピックイヤーです。ブラジルリオで8月5日から開幕しますが、今から日本選手の活躍が楽しみです。時差はどうなっているんでしょうか。夜中に中継があるのかどうか気になって調べてみましたら、どうやら早朝の中継のようで、これはこれで見られそうもないのかも・・・。

 

やっぱりリアルタイムで見ながら興奮したいところです。オリンピック種目もたくさんありますが、オリンピックの時にしか紹介されないようなものもあって、それもまた楽しみのひとつでもあります。

 

オリンピックは誰もが憧れる舞台ですから、どこの国の選手も力が入っていて、当然本気度が違います。選手の人となりもわかったりすると、なお一層のめり込んで応援できるのではないでしょうか。

 

オリンピックとは関係ありませんが、世の中にはレクリエーションを兼ねたスポーツ競技がたくさんあるのをご存じですか。

 

先日、NHKのクローズアップ現代だったと思うのですが、ウォーキングタグラグビーというスポーツを紹介していたのを見ました。30分の番組だったのですが、選手がみんな楽しそうにプレーしていたのです。

 

ラグビーは多くの方がご存じだろうと思います。昨年はラグビーワールドカップ2015がイングランドで開催され、日本チームの大活躍もあって興味を持たれた方も多かったのではないでしょうか。

 

ラグビーは本来タックルなどの接触プレーが主体ですが、こうした接触プレーを避けることで、誰もが参加することが可能なラグビーの変形スタイルが生まれています。

 

そうした中からウォーキングタグラグビーが誕生したようです。他にも類似でタグラグビーやタッチラグビーといった競技もあるようで、どれもが激しい接触プレーを避け、安心して楽しく競技に参加できるルールになっています。

 

ウォーキングタグラグビーはその名の通り、ウォーキング(歩く)をしながらプレーするもので、走ってはいけないことになっています。心拍数が急激に上がりませんから、老若男女わけ隔てなく一緒のチームで楽しめるのです。この点が優れているところでしょうか。

 

テレビで紹介されていたチームも、若い女性もいれば、中年男性も一緒のチームでプレーしていました。インタビューでは世代間格差を気にすることもなくなって、仕事で後輩との付き合い方にもプラスになっている、と答えていました。

 

この競技ではタグベルト言うものを腰にセットして楽しむのですが、タグベルトの生産を弊社で行うことができるか検討中です。

 

弊社は接触プレーを伴う本当のラグビーのための、頭部を保護するヘッドキャップ(ヘッドギア)も生産しています。高校の体育授業などで使用されています。

 

 


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ