各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

夏の寝苦しい夜の対策は? エアコンか、扇風機か、それとも・・・。

2016.07.7

その他


2016年、今年の夏は暑いのではないか、と予想されています。海水温が影響する何とかニーニョ? が原因だとか。

 

日本は梅雨があって湿度が高めのせいもありますが、肌にねっとり絡み付くような湿気があり、過ごしにくい環境ではあります。

 

湿度が高いことで汗をかいても上手く体温調節ができないため、身体が冷えていかないのですね。今年は既に例年の5倍の熱中症患者が搬送されているニュースが流れていました。

 

汗をかきにくい体質の人は特に注意が必要です。人は汗をかいた際、気化熱を奪い体温を下げます。ところが汗をかけない人は熱が体内にこもってしまい、熱中症にかかりやすいと報告されています。

 

湿度が高くて蒸し暑い日は無理をせず、涼しい環境を積極的に作りながら、暑さ対策を取りたいものです。

 

そこで、今既に寝苦しい夜が続いていますので、快適に睡眠を取るにはどうしたらいいか、考えてみたいと思います。

 

まずは寝室にどういった設備があるかということにもよりますが、近年の暑さから考えて、寝室にエアコンを備え付けている人はかなり多いのではないか、と思います。

 

エアコンは簡単に涼を得られるのですが、これには好き嫌いがあるのではないでしょうか。エアコンが苦手と言う人はおそらく、身体がだるくなるという理由が主だと推測します。

 

エアコンを活用する場合、湿気を取りたいので除湿モードで使用する方も多いと思いますが、除湿モードでは部屋の温度が下がり過ぎてしまいます。寝る時には冷房モードを活用しましょう。

 

設定温度は27~28℃

 

ギンギンに冷えた部屋で寝たいなんていう人もいるかもしれませんが、適温は27~28℃です。身体を冷やし過ぎないことが肝要です。

 

それでは運転時間はどうするのか?

 

寝る前後でタイマーを設定し、部屋を冷やしておいて入眠するパターンの方、多いのではないでしょうか。設定時間になるとタイマーが切れるのですが、暑くてまた目を覚まして、再度エアコンをつけたことありませんか。

 

この場合、確かに寝つきは良いのですが、折角の睡眠が妨げられて深い眠りが得られません。朝起きてもスッキリしていないのではありませんか。

 

身体に良くないように感じるのですが、実は朝まで連続運転の方が質の高い睡眠が得られるのです。もちろん設定温度は27~28℃。これを守ることが条件です。

 

決して身体が冷えすぎることはなく、暑さで目を覚ますこともないので、熱帯夜でも怖くありません。

 

扇風機派

 

やっぱり気分的にエアコンの中で寝ることには抵抗あるよね、と言う方は扇風機が良いでしょう。ただし、これにも使い方があって注意が必要です。

 

扇風機の風を直接身体に受ける使い方は決して良くありません。体温を下げ過ぎてしまいます。そんなに下がるの?という気もしますが、扇風機の風は身体を外した場所に向けましょう。

 

壁に扇風機の風をぶつけてから、自分の方に流れるような使い方もひとつです。また扇風機を旋回させて、部屋の空気を撹拌させることで風の流れを作ることも方法です。

 

扇風機にもタイマーが設定されていますが、エアコンと同じで止まると暑くて目を覚まします。身体に直接当てないように注意して、連続運転することが良いでしょう。

 

夜風派

 

エアコンも扇風機も必要なし! 窓を開けて熟睡をいう人もいますよね。でも夜風は良くないという話を耳にします。これはおそらく明け方に意外と気温が下がるために、身体を冷やして体調を崩しやすいと考えられているためだと思われます。

 

確かに窓を全開にして朝まで開けっ放しでは、一晩中風を受けていますので、扇風機でお話したことと一緒です。直接風を身体に受けることは避けなければなりません。

 

窓を開けるのなら、解放部分を少なくして風量調節をしましょう。そして冷気が入り込まないように、夜中に窓を閉めることが良いと思います。こうすることで窓から風を取り入れて入眠することもできます。

 

保冷剤派

 

ケーキや生ものを購入した際についてくる保冷剤が、冷凍庫の中にたくさん眠っていませんか。これを身体につけて冷やしながら寝る人も多いのではないでしょうか。

 

小さな子供が急な発熱で困った時、保冷剤を活用して体温を下げることがあります。子供用は保冷剤を入れる専用の商品が販売されているのですが、大人用もあっても良さそうですが・・・。

 

質の良い睡眠を得るためにまず大切なのは、眠る前に体温が低下することです。体温が低下すると人は眠気を覚えすっと眠りに落ちます。

 

そこで保冷剤を身体のどこに当てればよいかですが、太い血管が通っている場所をまず冷やしましょう。例えばひざの裏や脇の下、首筋などが良いでしょう。

 

ただし、各部位に如何に密着するように固定できるか、それなりに工夫が必要です。保冷剤を装着できるポケット付の簡易ベルトで優しく結びつけるのも良いでしょう。

 

それぞれに良いところもあれば、今ひとつの部分もあって難しいところです。自分の体質に何が合っているのか検討してみてはいかがですか。


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ