各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

保温用シームレスサポーターの画像をネット検索してみて判ること。

2016.09.21

サポーター


台風16号が過ぎ去ってみると、台風が通過した地域を中心に大きな被害が発生しています。風の強さも然ることながら雨量の多さに大変驚かされます。わずか1日で1ヶ月分の雨が降ったのでは、排水能力も追いつかず川が氾濫することも必然なのかもしれません。

 

異常気象だと言っている現象も、いずれは例年通りの天候になる日がくるかもしれませんね。毎年猛暑になって、毎年強い台風がやってきて、1時間に100mm降る天気では、とても安心して暮らせるものではありません。そんな将来にならないように期待したいものです。

 

近年の北陸の冬は、雪が降らなくなったという印象があります。初雪は12月中にあるのですが、初雪以降パタっと降らなくなって、忘れたころに降り出す感じです。スキー場も雪不足でオープン時期がずれることもしばしばで、環境相手の仕事の苦労は如何ばかりでしょうか。

 

保温用シームレスサポーターの注文が増えるのは、冷え込みが強くなってくる前になります。卸業者さんが冷え込みを見越して在庫を持ち始めるからです。冷えると痛みが出てくる人が多いことが考えられます。

 

この保温用シームレスサポーターは、現在は年間通して売れています。夏場の暑さが酷くてエアコンが一般的になったため、エアコンによる冷えから守るためにサポーターが有効活用されているのです。

 

ドラッグストアやホームセンター、接骨院や整形外科などで保温用シームレスサポーターは購入できますが、良く見かける色は白系ではないでしょうか。

 

ちなみにネット検索して保温用シームレスサポーターを画像検索してみると、圧倒的に白系が多いことを見て取れます。その次に黒色が目に留まります。黒は白色が嫌だという人に選択されていることは、弊社に入るオーダーからも把握していることです。

 

他色になるとほとんど見つけることができません。保温用シームレスサポーターは何色でも生産は可能なのです。単純なことで、使用する糸の色を変えることで簡単に何色にでもできるのです。糸の種類には制約がありますが、糸商さんは何色も色糸を持って準備してくれています。事実、セーターなどのアウターにはカラフルな色彩のものがありますよね。

 

保温用シームレスサポーターだって、同じ糸を活用しています。確かに細かなことを言えば糸の太さが違うということもあるかもしれません。でもやり方によっては、ニット製セーターとおなじようにカラー展開だって可能なのです。

 

でもネット検索してみると、白か黒かといったところ。

糸は1本1kgからの購入もできます。ニット製保温用シームレスサポーターもカラフルな色展開がされれば、購入層の変化もあるのかもしれません。

 

 


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ