各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

殿筋膜に痛みが! ランナー膝は治っているのか? 

2017.04.6

サポーター


今日も朝から天候も良く、貸切状態の近所の公園にて、子供の自転車乗りを見守ります。若干の肌寒さは残るものの、日差しもあって気持ち良いと言ったほうが良いでしょう。

 

連日天気が良いこともあって、週初めから4日連続で公園での散歩が出来ました。朝から新鮮な空気を吸いながら軽い運動をすることが、こんなに気持ち良いとは。

 

このまま継続できれば大人も子供も健康的で言うことなしなのですが・・・。

 

先週末の日曜日に痛めた膝は既に痛みも取れ、やれやれ一安心といったところ。痛めてから保温用シームレスサポーターを着けていたのですが、もうしばらく着けておくことにします。

 

左膝の外側の痛みはおかげ様で取れたのですが、左脚太もも側の殿筋膜を押さえるとまだ痛みが残っています。まだ炎症があるようで、もうしばらくは無理をいないでおこうと思います。

 

子供が自転車に乗っている間、鉄棒にぶら下がって背筋を伸ばしてみます。加齢とともに気になるのが姿勢ではありませんか?

 

少し鉄棒にぶら下がっただけですが、背筋が伸びてスッキリした感じです。今では腕を肩から上に上げるという行為もほとんどしませんから、肩周りの筋肉も柔軟性がなくなっているでしょう。

 

鉄棒にぶら下がることで、肩もほぐれたようだし、背中もしっかりと伸びたので、気持ちもスッキリして爽快!

 

ちょっと早起きして公園に出向いただけで、身体も動かせて、何となく頭の中もスッキリした気分でと、お得感があって良いです。

 

身体を動かす楽しさを忘れていたように思え、これも子供のおかげと思っています。

 

子供が理由もなく公園を走り廻って遊んでいる姿を見て、何が楽しいのだろうと思うこともあったのですが、大人でも同じなんだと改めて気づかされました。

 

今週末は自転車屋さんに行こうと計画しています。初心者マークの子供の自転車にも、脚で並走することは無理だと判りましたから、やはり親も自転車が必要だと感じてのことです。

 

以前から子供が自転車に乗れるようになった暁には、サイクリングを一緒に楽しみたいと思っておりました。これをきっかけに自らの運動習慣をつけたいという思惑もあります。

 

空いた時間にひとりでも自転車で運動できることを前提にして、どんな自転車を購入すれば良いか頭を悩ませているところです。

 

自分だけでなく、かみさんも使用できることが条件となりますので、はてさて手頃な自転車が見つかりますかどうか・・・。

 

 


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ