各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

かかとにクッション材が入ったサポーターで脚の疲れを軽減してはいかがですか?

2017.04.19

サポーター


今朝も天気が悪く、朝からの散歩の道が途絶えました。しかし、今朝も部屋の片隅からトランポリンを持ち出し、掲げた目標の5分を目安に運動をしました。本当にわずかな時間ですが、まずはやり切った感とスッキリ感を味わえ、朝から気分爽快といったところです。

 

昨晩も帰宅後にトランポリンを使って5分ほど体を動かしましたが、何もやらなければゼロのところを、わずかでも動かすことの積み重ねを大切にしたいと思います。

 

トランポリン5分も侮れないと感じているのです。ひざ裏の筋肉が十分にストレッチされていることが判りますし、ふくらはぎも動いていることも感じます。上半身、特に背筋も鍛えられる感じもあって、時間を少しずつ伸ばしてみたいと思います。

 

ところで、皆さんは足・脚の疲れを感じることはありますか? 立ち仕事の人の中には夕方になると脚が棒のようになる、と言われる方もいます。脚は歩行するたびに衝撃を受けます。

 

 

一歩踏み出すたびに、体重の約1.2倍もの力が足に掛かっています。60㎏の体重であれば、約72㎏もの力を足の裏で支えていると言えますね。

 

仮に健康のために良いと言われる10,000歩で計算すると・・・

 

10,000歩☓72㎏=720,000㎏   およそ720トン!?

 

1日の累積ではありますが、この力を足の裏という僅かの面積で支えているとは、人間というか生き物というのは凄い能力だと感心します。どれだけ科学が進歩しても、まだまだロボットではこうはいきません。

 

この足のかかる衝撃をいくらかでも和らげることはできないだろうか、と考案されたのが「かかとにクッション」サポーターなのです。足首用サポーターの形状をしています。

 

かかとにクッション

かかと部にクッション材が入っています

 

 

 

保温用シームレスサポーターの内側かかと部に、衝撃を吸収する素材を取り付けてあります。かかと通でお悩みの方や、脚の疲れを和らげたい人にお薦めのサポーターとなっています。

 

靴のかかとにもウレタン素材が使われておりますが、これもかかとにかかる衝撃を和らげるためのもの。それを弊社はサポーターに内蔵して、靴を脱いだ状況でも使用が可能になっています。もちろん靴を履いたままでも利用できます。

 

 

先日も個人のお客様から、かかと痛に対応したサポーターのお求めがありました。たまたま弊社のHPをご覧になったとのことで、かかと痛で随分と苦労されていたようです。

 

このサポーターはかかと痛を和らげる目的で使用してもらうことはもちろん、立ち仕事や外回りで歩く人にとっては、疲労を軽減することが期待できます。

 

 

 


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ