各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

ドライバーさんは腰痛対策をどうされているのでしょうか。

2017.04.21

サポーター


先週末の4月16日(日曜日)、兼ねてから我が家の車の調子が良くないと感じていたので、思い切って検査に出すことにしました。

 

右前タイヤの外側だけ異常に減りが早い方減り状態であると、タイヤ交換をして頂いた車屋さんに指摘されていたためです。

 

ディーラーに検査依頼をすると、終日車をお預かりしますとのこと。その代わりに代車を用意してもらったのです。代車を見て子供は大喜び!

 

子供が大好きな車種であったためテンションup!

 

今までに一度も運転したことがない車であったので、私も少々興味あります。

 

 

ところが!?

 

どうもシートポジションがしっくりこないのか、それともシートクッションが柔らかすぎるのか、乗り始めてほどなくして、腰が痛くなってきたのです。

 

車に乗ってまだ10分と経たないのですが、これはどうも私には合わないみたいで・・・。

 

1日代車としてお借りしたのですが、乗り慣れない車に乗るとこんなものなんですかね。

 

ところで、車を運転するお仕事の人に、腰痛持ちの人が多いと伺います。タクシードライバーの方、それからバスの運転士さんなど、人によっては1日中運転している人もいるでしょう。

 

同じ姿勢で腰を曲げた状態ですから、その積み重ねで痛みを発症するのだと思います。もちろん時折下車しては、腰を反らしたりストレッチをしていると思いますが、慢性的な痛みを解決するのは難しいかもしれませんね。

 

弊社はコルセット、骨盤ベルトなどを製造販売していますが、カー用品店向けのコルセット製造の問合せを受けたことがあります。この時は採用には至らなかったのですが、確かドライバー向けの腰痛ベルトだったと記憶しています。

 

車によってシートの形状も違いますし、硬さもそうですし、シート素材にも違いがあります。自分の車であればある程度の自由でもって選択や交換だって可能でしょうが、仕事場の車となれば同僚との共有ですから自由になりません。合わないシートで苦労している方も多いことでしょう。

 

レーシングドライバーなどは、テレビ中継を見ているとドライバー交代時にシート毎交換していますよね。それぞれのポジションに好みがあって、それでベストコンディションを保っていることが良くわかります。

 

 

わずか、1日までいかない半日しか乗らなかった車でしたが、そのまま乗り続けとなったら、いずれ腰を痛めていたと思うと、ドライバーさんはどうやって自分の腰を守っているのか気になりました。

 

クッションを挟んだり、クッションを下に敷いたり、と工夫しているのでしょうね。

 

もちろん、既に腰を痛めている人は、腰ベルト骨盤ベルト腰痛ベルトといった名前で呼ばれるベルトをしているのかもしれません。

 

これからの季節、だんだん暑くなって汗をかく時期となってきます。蒸れるような素材の腰痛ベルトは長時間勤務中に、着けっぱなしもしんどいですよね。それに汗をかくとなれば、換えの予備も必要かもしれません。

 

 

弊社では夏の暑い時期にも快適に腰を守ってくれる、薄い素材で仕上げている腰ベルトを製造しています。反対側が透けて見えるほどの生地の厚さで作られているもの。それからメッシュになった生地を活用して、通気性を持たせることで、快適にご利用頂けるもの。

 

ドライバーの方に喜んで頂けるベルトをご用意しています。

 

 


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ