各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

道の駅高松の売店が評判! 地元の繊維素材が激安で売られていると言う。

2017.05.26

ゴムひも


北陸新幹線が開業してから早3年目。相変わらず石川県を訪れる観光客が多く、地元民として大変嬉しい限りであります。GW期間中に金沢市で開催される音楽イベント、旧名「ラ・フォル・ジュルネ金沢」が新生「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」があったりして、リピート客も多いことでしょう。

 

 

金沢駅併設の金沢百番街は週末ともなれば、観光客でごった返しています。お土産を購入しようとすり人の波で、地元民もゆっくり買い物が出来ないほど。金沢駅にある駐車場も並ばないと停められないこともあります。

 

 

北陸新幹線を利用して観光に来る人もいれば、車やバイクで観光に来る人もいます。実はバイクのイベントが先日あったのですが、「サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー(SSTR2017)」と言います。ご存じでしたか?

 

 

 

サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー2017

 

 

開催は2017年5月20~21日で既に終わっております。日本で唯一車両の走行が可能な「千里浜なぎさドライブウェイ」がゴールとなっているモータースポーツイベントなのです。全国の二輪愛好家を対象にしたミーティングを羽咋市で開催するのです。

 

 

20日の日の出時刻以降に各地のライダーが出発(スタート)し、20日の日の入り時刻までに石川県羽咋市の「千里浜なぎさドライブウェイ」がゴールとなります。

 

 

参加したバイク台数は2,000台ほどとも聞きますが、確かにこの週は多くのライダーを見かけました。千里浜なぎさドライブウェイはのと里山海道に沿ってあります。

 

 

のと里山海道無料化

 

 

のと里山海道は以前、能登有料道路と呼ばれお金が必要だったのですが、2013年4月1日から無料化されました。北陸新幹線で来る観光客を見越して、能登半島まで足を延ばしてもらうための対策です。

 

 

地元の私たちも能登有料道路の時には、余程でない限りここは利用しませんでしたが、無料化になった途端、やっぱり便利なので随分活用させていただいております。そんなことで交通量が何倍にもなったと聞いています。

 

 

のと里山海道にはサービスエリアも用意されているのです。かほく市高松には「道の駅高松」がサービスエリアとしてあります。上りと下りの両側にあって、下道からでも利用できるようになっています。のと里山海道を利用した観光客などが、トイレ休憩に利用したり食事をしたりしています。GW期間中は駐車場もいっぱいだったそうで、お土産なども随分売れたんだとか。

 

 

無料のドッグランが2面あり、ワンちゃん用の水飲み場やシャワーも併設されています。日本海が目の前に見えるサンセットデッキで沈んでゆく夕日を眺めるなんてこともできます。海まで行ける遊歩道もあるんですよ。

 

 

さてお土産なのですが、地元食材や地元名産品が数多く並んでいます。そんな中にかほく市を代表する繊維製品のお土産が置いてあるのです。

 

 

かほく市には繊維に関する仕事をしている会社が多く、そうした会社のいくつかが道の駅高松の売店で自社製品を販売しているのです。現在その数は20社もあり、各社とも工夫を凝らしています。

 

 

会社の多くはゴムひもを作っており、その製品は一般的に繊維問屋を通して全国に売られいます。自社の製品を自社で直接売るということはほとんど経験のないことでしたが、地域紹介に役立てる意味も込めて取り組んでいます。

 

 

弊社もお付き合いのあるタケダ繊業㈱さんも道の駅高松で自社工場で作ったゴム入り生地を売っております。

 

ストレッチテープ

 

 

 

 

 

 

カラーストレッチテープと商品名に書かれております。幅が60mm、80mm、100mmと3種類用意されておりますが、最も売れるのは60mm幅なのだそうです。お値段は1m100円と激安。色は時々によって変わるのだそうです。購入された方はどんな用途で使われるのでしょうか。

 

 

お土産としては驚くほどの安さ故、売れ行きによっては頻繁に補充に行かないといけないそうです。品出しは各社が責任を持って行う決まりになっていて、売店の人はノータッチとのこと。GW期間中にも欠品になりそうになり、急ぎ補充をしてと聞きました。

 

骨盤サポーター

 

 

 

 

その他にも骨盤サポーターを売っているんだそうです。このパッケージデザインも洒落ていますよね。タケダ繊業さん自らのデザイン考案だそうで、その出来映えに驚きました。

 

 

骨盤サポーター

 

 

 

 

 

骨盤ベルトが巻かれた状態で丸いクリアケースに納められています。骨盤ベルトの色はピンク色で、女性が好みそうな感じですね。写真の上に骨盤ベルトが見えています。帯も同じピンクで統一されていますが、このデザインもタケダ繊業さん自らの考案とのこと。

 

売場に並べると週末ともなれば即売れてしまうそうです。ピンクの骨盤ベルトをドラッグストアで見かけることは少ないでしょう。これも地物のサービスエリアで行う委託販売だから成せる技です。テスト販売のような活用の仕方だって可能ですね。

 

骨盤サポーター

 

 

 

 

 

骨盤ベルトの値段はいくらだったでしょうかね。ハッキリとお聞きすることを忘れてしまいました。

 

かほく市の繊維業者さん20社がそれぞれに工夫を凝らして販売していますので、能登方面に遊びに行かれる方、「道の駅高松」に一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ