各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

日本列島を襲う寒波の影響で、保温用シームレスサポーターが良く売れます

2018.01.26

サポーター


25日(木)も終日、天気が荒れていました。吹雪いて前が良く見えないので、車の運転には注意が必要です。日本海側を走る能登里山海道は強風のため、走行しているトラックが風にあおられて、横倒しになるのではないか、と後ろから見ていてハラハラするほどです。

 

 

もうしばらくこの寒さは続くようで、引き続き車の運転には気を付けたいですね。田んぼにでも落っこちたら大変!

 

東京都心でも氷点下4℃を記録する大寒波襲来ですが、寒さは決して悪いことばかりではありません。会社近くのHC(ホームセンター)では、大雪のおかげで除雪用のスコップやら、ママさんダンプなどが売り切れた時がありました。

 

 

弊社が製造販売する保温用シームレスサポーターも、この寒さの影響で販売数がアップしています。例年ですと、本格的な冬の到来を前にした10月頃に、卸業者さんからまとまったご注文を頂くことが多いのです。冷え込んでくると、一気に売れ始めるのが特徴ですから、欠品しないようにとの卸業者さんの配慮でしょうか。

 

 

その10月がひとつの山となって、本格的な冬シーズンを迎える訳ですが、今冬のように予想外の大寒波がやってくると、例年は購入しないような方にまで需要が伸び、慌てて注文が入ってくると言った感じです。

 

 

大雪でお困りの地域の方も多いのはないかと思うのですが、弊社のように保温用シームレスサポーターを製造販売している会社にとっては、寒さもありがたいものになるのです。おそらくスキー場関係者も同じような心境でしょうか。

 

 

この寒さが一体いつまで続くのか・・・。1月10日からの大雪の際は直ぐに天気が回復し、気温が10℃を超える日が続きましたので、ある程度雪も溶けてくれた訳ですが、どうやら今回の寒さは来週まで続きそうで・・・。連日最高気温が0℃では、いつまでたっても雪は溶けることがないでしょう。転倒などでのケガが心配です。

 

ちなみに道路はテッカテカ! 毎朝必ずと言って良いほど、田んぼに落っこちた車を見かけます。

 

 

まだ寒さは続きます。昔痛めた古傷が冷えに伴って痛み出すことは良くあります。ひざ関節などを温めるひざ用サポーターなどは、ドラッグストアでも購入可能です。1枚600円くらいで販売されていると思いますので、サポーターを装着し、血行を促すと良いでしょう。まだ痛みを発症していない方も、予防のために装着することは有効です。

 

 

それ以外の部位では、ふくらはぎ用サポーターをお薦めします。これほどの寒さがやってくると、足元の冷えに困っている人も多いことでしょう。常に足元に冷気が襲ってきて、寒さに震えているようでは、体温も下がって抵抗力も落ちます。

 

 

今の季節は風邪や、インフルエンザといった病気にかかりやすい時期です。乾燥を避けることは有効ですが、まずは身体を冷やさないことが重要になります。

 

 

そこで足元の冷えを解消する手段のひとつとして、サポーター屋がお薦めしたいのが、ふくらはぎを保温するというものです。ふくらはぎは第二の心臓とも言われる重要な部位。ここを温めることは多くの先生も推奨しています。

 

 

身体が冷えてくる、足元が冷たい、その原因は温かな血液が下半身に上手く循環していない証拠。冷たい血液が下半身に滞りがちなのです。これを解決してあげれば、常に温かな血液が身体を巡り、下半身だけではなく身体全体までほんわか温まるという訳です。

 

 

靴下を2枚重ね履きするという人の話も良く聞きます。これも数ある方法の中の一手ではありますが、どうぞふくらはぎを温めることをお試し下さい。

 

 

女性は特に筋肉量が少なく、ふくらはぎの筋肉が持つポンプ作用が十分に発揮できない傾向があります。女性にむくみをうったえる方が多いのは、まさにこの影響なのです。下半身にある血液を重力に逆らって女半身に送り届けるのは、ふくらはぎの筋肉のポンプ作用です。

 

 

ですから、この時期に下半身の冷えを気にする女性は特に、保温用シームレスサポーターふくらはぎ用をお求め下さい。サポーターの良さは、何と言ってもゴムが入っており、適度な締め付けが可能だということです。

 

 

ふくらはぎを適度に圧迫することで、血行が更に促進されますから、ポンプ作用の補助的な役割を担うことができます。ですからゴム入りのサポーターは有効なのです。

 

 

何も女性に限ったことではありません。デスクワークの男性にもお薦めです。脚の筋肉を動かす機会が少ない日中に、ふくらはぎの筋肉はこわばっていると思います。

 

 

今、自分のふくらはぎを触ってみて下さい。冷たくないですか? または硬く感じることはありませんか?

 

 

もしそうなら、普段のふくらはぎの働きに比べて、機能は落ちているかもしれません。アスリートを想像して見て下さい。本番レース前、入念にウォーミングアップをして筋肉をほぐしているでしょう。それによって十分なパフォーマンスを発揮する訳ですから、座りっぱなしのオフィスでは、おそらく筋肉は十分に作用していないと思いますよ。

 

 

ですから女性に限らず、男性にも是非使ってもらいたいです。下半身を温めることで、病気にもなりにくくなるかもしれませんよ。


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ