各種繊維製品の企画・製造・販売

お問い合わせ

サポーターブログ

超極薄ハイパワーゴムのお問合せを頂きました。柄ありハイパワーゴムの作成も可能です。細幅織物や素材に柄やプリントしたい方もお問い合わせください。

2022.12.22

ゴムひも

最近、山屋産業に「超極薄ハイパワーゴム」のお問い合わせが増加しています。なかなか他では見つからない素材なので、めずらしく検索でもヒットしているようです。

ー目次ーーーーー

 ◯ 超極薄ハイパワーゴムとは?

 ◯ 柄ありの超極薄ハイパワーゴムも作れます!

 ◯ 細幅織物のインクジェット加工~製品まで、ご対応致します

ーーーーーーーー

超極薄ハイパワーゴムとは?

驚きの薄さ0.5㎜でありながら50,000回の伸縮疲労試験後も90%の張力を維持するハイパワーなゴムです。軽くてやわらかな風合いから体にフィットするので、弊社でも腰ベルト他サポーターの部分使いとして使用しています。詳しくは下記リンクより詳細をご確認ください。

お問い合わせフォームへ

このように薄くて丈夫で、なおかつパワーがある生地を要望している人は本当に多いのだな、と思います。弊社が販売している超極薄ハイパワーゴムが、求めていた生地の機能にピッタリだという感想を頂くことが多いです。

超極薄パワーゴム

この生地はポリウレタンが約80%、ナイロンが約20%の混率で作られており、弊社としては生ゴムのベルト等に代わる生地を想定しています。

生ゴムの特徴について

ゴムの木

ゴムの樹の樹皮を傷つけて分泌する液をラテックスと呼びます。このラテックスを固めて出来るのが生ゴム(天然ゴム)です。

https://www.seibu-p.co.jp/technology/rubber/

生ゴムのベルトはパワーが非常に強く、この強さを気に入って永年愛用している方が多い事でしょう。

生ゴムの弱点とは

一方で生ゴムとしては下記が挙げられます。

①劣化

②匂いがきつい

③ゴムアレルギーの人は着用できない

生ゴムは空気に触れていると劣化してしまいます。輪ゴムも破断することがありますよね。あれが典型的な劣化したものです。腰ベルトもあのように破断してしまう弱点があるのです。

また、天然素材なので臭いが発生してしまいます。よく生ゴムの腰ベルトを購入した人から聞かれるのが「匂いがキツすぎて着用できない」という事です。手に臭いが移ったりして、においに敏感な人は中々着用し続けることは厳しいのではないでしょうか。

天然素材なのでゴムアレルギーの人は着用できません。弊社の超極薄ハイパワーゴムは、ラテックスフリーのため、アレルギー反応の心配がありません。

柄ありの超極薄ハイパワーゴムも作れます!

和柄の超極薄ハイパワーゴム

画像は超極薄ハイパワーゴムにインクジェット加工を施したものです。非常にきれいに柄が出ています。これを使用して、柄ありのサポーターやテーピングを作ることも可能です。普段は無地のサポーターも、柄ありであれば気分が上がるのではないでしょうか。

この加工は、基本ロット1,000mより承っております。この超極薄ハイパワーゴムは30m巻きなので、約34反分です。腰ベルトに換算すれば、約1,000本分ということです。大きなロットになりますが、それでも気になる方はご連絡ください!

細幅織物のインクジェット加工~製品まで、ご対応致します

細幅織物のインクジェット加工品を使用し、完成品まで山屋産業(株)でご対応させて頂きます。(インクジェット加工は外部に依頼いたします。)弊社のお取引先では、細幅織物のインクジェット加工が可能です。細幅織物への加工、ナイロン生地へのインクジェット加工ができるのは全国でも数少ないそうです。また、長年の経験により、非常に鮮やかかつ細部までハッキリと加工ができる腕のある先さんです。そういった加工先をお探しのお客様、完成品まで仕上げたいお客様は一度ご相談ください!

インクジェット加工

インクジェット加工とは

ご家庭にある一般的なプリンターと基本原理は同じで、CMYKの4色の顔料インクを用います。染料インクとは異なり生地の上にインクを定着させてプリントするため、色がくっきり鮮明で着色力が強いことが特徴です。耐熱性・耐水性・耐光性に優れていることから、色褪せしにくく、水に濡れて滲むこともありません。

https://originalprint.jp/store.php/page/kakoInkjet
お問い合わせフォームへ

お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:松永

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ