各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

野球用エルボーガードの生産も行っております

2018.08.22

サポーター


野球に付き物ののデッドボールですが、ひじを守るサポーターをほとんどの選手がしております。エルボーガードとも言いますが、この生産も弊社は行っております。

 

ところで、第100回記念大会の高校野球が昨日終わりました。結果は皆さんご存知の通り、大阪桐蔭高校の優勝でした。2度目の春夏連覇を初めて成し遂げた功績は、賞賛に値するものであります。

 

 

一方、敗れた準優勝の秋田県の金足農業高校は県立高校でありながら、決勝まで進んだことは驚きです。今の時代、高校野球は私立高校全盛と言っても過言ではありません。場合によっては全国を廻ってスカウトしてきた選手でチーム編成をする学校もあるそうです。

 

 

そうした中での今回の躍進は、公立高校野球部であっても、決して甲子園出場は夢物語ではなく、目標を高く掲げることで強くなれることを実証しました。多くの高校球児に希望を与えたことだと思います。

 

 

個人的には金足農業に優勝して欲しかったのですが、大阪桐蔭の選手たちの努力も賞賛したいと思います。甲子園出場が目標ではなく、甲子園で優勝することが目標である選手たちにとって、日々の努力が如何ほどであったか想像に難くありません。

 

 

今回の決勝戦は私学の雄と雑草魂の県立高校という図式で語られることが多かったですが、やはり優勝した大阪桐蔭の選手たちを褒め称えることが第一でしょう。

 

 

今回の記念大会では地元の星稜高校出身でメジャーリーグでも活躍した松井秀喜さんが始球式を務めました。星稜高校も今大会は力が入ったと思いますが、残念ながら2回戦敗退となりました。愛媛の済美高校に敗れたのですが、その済美はベスト4まで勝ち進みました。

 

 

個人的な感想ですが、済美高校に勝っていたならベスト4まで星稜高校も進出する実力はあったろうと思います。更に言えば、決勝進出も夢ではなかったと感じています。

 

 

エースピッチャーの奥川選手はU-18のメンバーにも選出されていました。その力は認められたのです。来年の春と夏の甲子園で星稜高校は必ずや決勝進出すると期待しています。


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ