各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

えっ!? 保温用シームレスサポーターがこんなところでこんな使われ方をしているのか! 

2017.04.10

サポーター


先週末の天気予報が雨であったため、花見は無理だろうなと諦めていたのですが、見事に天気予報が良い方に外れました。4月8日(土)は温かくて天気も何とか持ちこたえ、お花見をするのには良い1日となりました。

 

この日は金沢で午前中に用事があったため、その帰り道に金沢城、兼六園界隈を車から花見をしたのですが、金沢城の桜は既に見頃となっておりました。

 

毎年桜を見に来るのですが、やっぱり金沢城界隈の桜は綺麗ですね。今年も素敵な桜が見られてラッキーです。

 

車からの花見を終えた後、お昼ご飯を食べようということに。ハンバーグとうどんのどちらにするかで迷ったのですが、今日はうどんに決定。丸亀製麺に行こうとなりました。

 

相変わらず週末の昼近くともなれば、駐車場に車を止めるだけでも大変です。警備員さんの指示のもと無事に駐車をして早速店内へ。

 

今日はざるうどん冷を選択。天ぷらを選んでいると、ちょうど野菜かき揚げが出来上がったところでした。

 

 

その時! サポーター発見!?

 

店員さんが天ぷらを揚げている手元を見ると、手首からひじにかけて保温用シームレスサポーターを装着しているではありませんか!

 

「ひじ用サポーター」なのか、もしくは「ふくらはぎ用」サポーターを流用しているのか?

 

何度もお店には来ているのですが、今まで気が付いたことがありませんでした。そうやらサポーターの目的は、あげ油が腕に当たって火傷をするのを防ぐためのようです。

 

次から次に来るお客さんに対応するため、天ぷらを揚げる担当の人は大忙しです。少々の油はねで悲鳴を上げている訳にはいかないのでしょうね。そこで考案された防御方法が、腕にサポーターをはめることだった訳です。

 

まさか、保温用シームレスサポーターが腕抜きのような使われ方をするとは・・・。私たちは痛い部位を保温するために作っているのに、使用する人はそれが何であれ、便利だから使用する・・・。

 

役に立っているのは大変嬉しいことです。

 

一般的な腕抜きはダブついています。その点、保温用シームレスサポーターならゴム入りですから、腕にピタっとフィットして、邪魔にならず且つ衛生的だとも言えます。

 

この使われ方がチェーン店の全店で一般的に行われているなら、是非弊社のものを使って欲しいところです。もし、この店員さんだけのオリジナルなら、困っている他店の担当者に教えてあげて下さい。

 

弊社でまとめてうどん屋さんに納品させて頂きます。


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ