各種繊維製品の企画・製造・販売

お電話はこちら(担当:岩田)076-289-6996

お問い合わせ

サポーターブログ

フィットネスクラブでもサポーターは販売されているのだろうか

2017.12.18

その他


毎週日曜日は子供の習い事、スイミングスクールの練習日になっています。時間が11時30分から12時30分という昼をまたいでなのが唯一残念なところではありますが、それ以外は大満足なスクールです。

 

 

場所はかほく市にあるアクロス高松で、自宅から15kmは離れているのかもしれません。道路が整備なれており、信号もさほどありませんし、道幅も広くて安全です。混んでいないのでたいした時間もかからないのです。

 

 

ここのフィットネスクラブはコナミスポーツが運営しています。このスイミングスクールの良さは、まず第一に他のクラブに比べて会費が安いことでしょう。月4,120円なのですが、他のスイミングスクールの料金を聞くと、7,000円とか言います。

 

 

その次にこのスイミングスクールの良い点は、冬でもプールが寒くないということです。全く寒くないと言う訳ではありません。水から上がると子供が寒そうにしている姿は見受けられますが、他のスクールでは水温も冷たいということで、子供が冬になると教室に通いたがらないという話を聞きました。

 

 

それから良い点は、この練習時間かと思います。当初11時30分から12時30分の時間帯は仕方なく選んだものでした。こども園に一緒に通うお友達3人組で通い始めたのですが、3人ともにそれぞれ家庭の事情があって、共通して通わせることが出来る時間が日曜の11時30分しか無かったのです。

 

ところがこの時間は不人気なのだと思います。我が家もそうですが、午前も午後も中途半端な時間しかありませんから、非常に制約を受けるのです。それによって、生徒数は他の曜日や時間に比べて圧倒的に少数です。

すなわち、子供にとっては1時間が濃いのです。生徒数は5~6人ほどでしょうか。他の時間なら倍はいると思います。

 

 

次々に順番が回ってきますから、呑気に休んでいる暇はありません。直ぐに泳ぐ番が回ってくるということは、それだけ上達するのも早い(?)と言えるかもしれません。

 

 

日曜日の昼を挟む時間帯は確かに行動を狭めます。日曜日は余程でない限り、スイミングスクールを休ませるということはしません。ですから簡単に旅行や外出が出来ない状況になりました。ある意味出費は抑えられます。

 

 

そんなことで良いこと尽くめのフィットネスクラブですが、送迎する親御さんの中には、子供がスイミングスクールで練習中に自分はマシンで汗を流すという頑張り屋さんもいるようです。

 

 

子供の送迎だけをして、2階の見学席から子供の練習風景を見ることも出来るのです。しかし、その席から右隣の部屋を覗くと、ランニングマシンで一生懸命トレーニングしている会員さんの姿が見られるのです。

 

 

それを毎週のように見ていると、自然とやる気が起きるようになるのでしょうか・・・。自身も会員となり、子供ともども運動をする親もいらっしゃいます。

 

 

毎週日曜日に来ていますが、とにかく混んでいます。若い人が多いかと思いきや、必ずしもそうではなく、高齢の方も見受けます。プールの中も高齢者の方が多いですね。

 

 

皆さん一心不乱に身体を動かしていて、どの顔も満足げに見えます。プールの見学席からはランニングマシンをしている人の上半身しか見えないのですが、サポーターなどを使っているのかいつも気になります。

 

 

運動を永年続けているとケガをすることもあるでしょう。そうした時に活躍するのがサポーターです。過度に関節が動かないように固定をしたり、場合によっては痛くなるのを予防する目的で使用することもあるでしょうか。

 

 

フィットネスクラブに通っている人は、運動大好きという人たちでしょうから、もちろんサポーターもお使いのことだろうと思います。ランニングマシンを活用している人なら、ひざ用サポーターなどは既にお持ちかもしれませんね。

 

 

サポーターはスポーツ店に行けば必ず売っていると思います。お近くにない人はインターネットでも購入は可能でしょう。実際に現品を見て購入したいとか、試着してから買いたいという場合は、スポーツ店に行ったほうが良いでしょう。

 

 

スポーツ店なら品揃えも豊富で、いくつかのメーカーの製品を試すことが出来るかもしれません。自分の用途にあった製品も必ず見つかると思います。判らない場合は店員さんを捉まえて、色々と尋ねると良いかもしれません。

 

 

店員さんはスポーツ大好きでしょうし、ご自分で使っている可能性もあります。お薦めやメーカー毎の違いも聞けるかもしれません。

 

 

 

もしかするとフィットネスクラブでも取扱いしているかもしれないですね。アクロス高松に行くと、時折スイムウェアやフィットネスウェア、靴下なども売られていることがあります。安くなっていることもあります。

 

 

サポーターを販売しているフィットネスクラブはあるようです。場合によっては、そのフィットネスクラブのオリジナルサポーターという場合もあり、会員の方に良いサポーターを使ってもらいたいという思いを感じますね。

 

 

弊社はオリジナルサポーターを作りたいという企業様からの問合せも多く寄せられます。是非独自のサポーターを開発してみたいという方はご連絡下さい。


お気軽にお問い合わせください

商品に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

TEL

076-289-6996(代表)

担当:岩田

FAX

076-289-6971

メールでのお問い合わせは下記ボタンから

メールフォームへ

ページの先頭へ