各種繊維製品の企画・製造・販売

お問い合わせ

旅行などでスーツケースに荷物を入れて持ち運ぶ際に、ベルトは付けられていますでしょうか。お店や通販サイトを見てみるとナイロンの硬いベルトが主流な中で、伸縮性のあるゴム紐でスーツケースベルトを作って欲しいという依頼がありましたのでご紹介いたします。

ゴム紐の特徴はなんといっても伸びることです。よくある硬いスーツケースベルトですと角が当たって傷つくなどの影響があるようなんです。確かにスーツケースが開かないように思いっきり締め付けますが、本体が傷ついてしまうのは仕方がないかもしれませんね。強度の問題はあるかもしれませんが、その点ゴム紐でしたら伸びがある分柔らかいので心配はありません

スーツケースベルトといえば幅50mmです。ゴム紐は細い製品の方が圧倒的に多い中で、山屋産業がある石川県内に点在しているゴム紐屋に問い合わせてみると、色、生地感、伸縮率が異なるものが、世の中にたくさんあることに気付きます。

下記の写真はほんの一部ですが、全て仕様が異なっています。これら以外にも別注品で生産してくれる業者と複数取引きがありますので、お好みに合わせた製品をご提案することが可能なのです。

スーツケースベルトは比較的太いものですが、サイズに適したバックルもご要望に合わせてご案内可能です。ギザギザがついていますので、ゴム紐のような柔らかめの生地でもズレることはありません。

今回のお問い合わせで、一番のポイントとなってくるのはベルト表面にくるプリントで、ブランドロゴをベルトに大きく印字してほしいとのことでした。

過去記事でもご紹介しておりますが、山屋産業ではベルト全体にプリント加工もできますし、ロゴだけのプリント加工でも対応可能です。

いかがでしょうか。企業様やスポーツ団体様、自治体の集まりの方々だったり、一緒に移動される際に同じロゴが入っているものがあると良いですよね。今後はこういったお気に入りのブランドロゴが入ったベルトに需要があるのかもしれません。

山屋産業ではオリジナルのスーツケースベルトを製造した実績がございますので、こういった製品が欲しいなどのご要望があれば、お気軽にお問い合わせください。

これまでの経験を活かして細幅織ゴム生地(ゴムひも)を弊社オリジナルで作りましたのでご紹介したいと思います。普段からこういった伸びる生地を見慣れている業者様からも、キックバックも強くて使いやすい良い素材だと高評価をいただいているものでございます。

超薄メッシュ織ゴムのご紹介いたします

これまでにあまり見たことのないゴム紐をお探しの方には必見です。最近は本当に製品の移り変わりが激しく、製品寿命がどんどん短くなっている中で、いろいろなお取引先様から新しいものははないのかと問い合わせが多く寄せられます。いろいろな業者様からのご要望を詰め込んで出来上がったのが「超薄メッシュ織ゴム」です。

なかなか他では見つからない素材に仕上がっていますので、実際に何度もリピート購入していただいているお客様が出てきています。

超薄メッシュ織ゴムの特徴

生地幅:60mm幅、100mm幅

カラー:グレー、ブラック

素 材:ポリエステル

伸び方向:縦伸びのみ

フリーカット生地なので裁断してもほつれにくい

キックバックが強いのでサポーター本体やパーツに向いている

生ゴムとは異なり織ゴム生地なので肌にとても優しくフィットするのが特徴

 ※※※ 現時点では、上記のサイズやカラー展開のみ ※※※

以下の写真でご覧になれるように、生地自体が非常に薄いです。

計測器で測った結果 薄さ 0.56-0.59 mm  非常に薄い素材です!

フリーカット生地なので切ってもほつれない

切れ込みをいれた断面をみてもらっても、生地のほつれは出てきません。

メッシュ構造なので通気性が高い

ゴム紐を伸ばしていない状態でも、山屋産業の花壇に咲いている紫陽花が透けて見えてしまっています。通気性が高い生地となりますので、夏用コルセットを作ろうとする場合にも最適な素材ではないでしょうか。通常の生地に通気性をもたせようとする穴を開ける手間が増えますが、この生地ならそういった手間もかからずに使うことができます。

実際の伸び具合を動画で確認してください!

生地のみ(ロール)の販売も大丈夫です

生地のみを買いたい場合でもご対応させていただきます。

最低ロット 2,000m〜 となりますが、それよりも少量でお買い求めされたい方、生地のサンプルが欲しい方も、まずは一度お問い合わせください!

様々なゴム紐やゴム生地のご提案が可能です。ぜひお気軽にお問い合わせください!

夏にぴったりな生地だからといっても、薄ければ良い、メッシュ構造であれば良いというわけではなく、何度伸ばしてもヘタりにくい、実際に腰などに巻いて使用して折れにくいなど、最終的に使用するエンドユーザー様に評価していただいてこそ良い生地と思います。

生地をそのまま使ったサポーターを作る場合もあれば、補強用の芯を付け加えたり、生地を貼り合わせたり色々な加工が考えられます。最近では無縫製で非常に強い製品もサポーターでは増えてきていますね。山屋産業ではこれまでの知見を活かして、お客様のご要望に合わせて製品作りをご提案いたします。こういったサポーターが欲しい、作りたいという希望やアイディアをお持ちの方はぜひお声がけください。

↓ ↓  関連記事も是非チェックしてみてください!! ↓ ↓

超極薄ハイパワーゴムができました!細幅織物や素材に柄やプリントしたい方もお問い合わせください!
thumbnail
驚きの薄さ0.5㎜でありながら50,000回の伸縮疲労試験後も90%の張力を維持するハイパワーなゴムです。軽くてやわらかな風合いから体にフィットするので、弊社でも腰ベルト他サポーターの部分使いとして使用しています。
https://yamaya-sangyo.co.jp/topics/3995/

そのほかの弊社オリジナル商品として下記の「超極薄ハイパワーゴム」もございますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。販売開始から少々時間も経っていますが、最近でも毎月複数のお客様からご購入いただいている山屋産業オリジナルのロングセラー商品です。

皆さんは普段ご家庭でストレッチやエクササイズはされていますでしょうか?日頃からエクササイズされている方や、これからやろうと考えている方はウェアや器具などの購入などを検討されたことがあるかと思います。私も雑誌で見かける大きな器具で宅トレしたいと思いつつも置く場所がないので折り畳めたり、丸められる小さな製品を揃えようにしています。

さて、今回は弊社台湾法人で製造しているエクササイズやストレッチ用に使われるポールについて問い合わせがありましたのでご紹介していきます。

ストレッチ用のポールとは

フィットネスジムやヨガ教室などに通われている方は馴染みがあるかと思いますが、50cm〜100cm程度の円柱の少し柔らかいポールで、床に置いてその上に乗ったりして使われるものです。筋肉の緊張をほぐし、柔軟性を向上させるために使用されます。

どのようなストレッチ方法があるのか

ストレッチポールを使用した運動方法は多岐にわたりますが、初心者にもおすすめの基本的なエクササイズをすこし挙げてみます。

フィットネス市場は徐々にコロナ前の水準に戻りつつある

帝国データバンクの最新のフィットネス業界の調査によるとコロナ禍で一度減っていた水準が、アフターコロナになってフィットネス需要が戻り、市場全体が売上ベースでコロナ前の水準に近づいているようです。

山屋産業がある津幡町にはフィットネスジムは数える程しかないのですが、金沢市内には話題のチョコザップが6店舗ほどあるようですね。自宅だと運動できなかったり、忙しくてたまにしか通えない人には「低価格」サービスはありがたいのだと思います。

このように健康やフィットネスへの関心が高まっている中、ストレッチ用のポールは自宅やジムでのトレーニングに欠かせないアイテムとなっています。

山屋産業のEVA素材はスポーツ用品によく使われています

山屋産業はは台湾でEVA素材を使用したストレッチやエクササイズ用のポールを主に製造しています。EVA(エチレン酢酸ビニルコポリマー)です。EVAは耐久性が高く、軽量で柔軟性があるため、トレーニング時の体重や圧力に耐えることができます。PVC(ポリ塩化ビニル)やTPE(熱可塑性エラストマー)なども多く流通していますが、弊社ではEVAとTPE素材の製品を中心に扱っております。

ロゴ入れ、カバー、色などのカスタマイズが可能

ロゴ入れに関しては、プリントやエンボス加工(凹凸を浮かび上がらせる印刷加工)が可能です。また単純なポールだけではなく、オリジナルの型を使った製品も製造が可能です。

EVAが剥き出しのポールが気になる方は、PVCのカバーをつけることも可能です。

また、完成品に簡易ビニルをかぶせたシュリンク梱包して出荷などの対応もできます。

短めのポールやフォームローラーも製造できます

オリジナルのサイズや形状は射出成型用の型が必要となりますが、カスタマイズは可能です。

輸入手続きやコンテナ納品などもご希望の方にはサポートできます

台湾で製造していますので輸入の手続きが必要となります。こちらに関しても経験豊富なスタッフがいますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

ざっくりとした試算ですが、長さ100cmのストレッチポールを1,000本輸入しますと40フィートコンテナ(コンテナ長さが12.0 m × 2.5 mくらい)が必要なボリュームとなりますが、そのまま全国の倉庫へ直送させたり、多様にアレンジできますので気になる方は一度ご相談ください。

EVA素材のOEM製造は山屋産業へ是非お問い合わせください!最低ロット1,000本〜要相談です!

健康志向の高まりによってフィットネス市場が今後も成長すると予想される中、山屋産業では簡単なエクササイズやストレッチ、筋トレなどに使える各種グッズを販売しています。

ストレッチ用ポールやフォームローラーなどは、最低ロット1,000本からOEMを承っております。また、これら以外にもヨガマットや筋膜リリースボールなど、さまざまなアイテムを取り揃えています。ロットに関しても、継続的にご利用いただける場合には、初回ロットの交渉が可能な場合もございます。

既に工場に射出成形型がある製品は、すぐに製造することができます。さらに、特殊な形状をご希望の場合でも、新しい型を作成することで対応可能です。

こういった製品が欲しい、加工してほしいなど、オリジナル製品を作って販売したいとお考えの方は小さなことでもぜひお問い合わせください。

マイクロファイバーといえばブランケットやクロス、タオルやスリッパなど色々な製品に利用されるようになり、目にすることも増えましたね。なんといっても触り心地が非常にいいので、店頭などに並んでいるとふと触ってみたくなる人もいるのではないでしょうか。自分好みの触り心地を見つけた時はいつも感動してしまいます!さて、今回は山屋産業でつくれるマイクロファイバー製品をご紹介していこうと思います。

マイクロファイバーについて

マイクロファイバーmicrofiber)は、1デニールまたはデシテックス/糸よりも細い合成繊維で、直径が10マイクロメートル未満のもの。

                        マイクロファイバー – Wikipedia

マイクロファイバーのほとんどはポリエステルもしくはナイロンを原料としてできており、非常に軽く、吸水性、速乾性に優れた素材です。スポーツウェアやその他の多くの用途で、吸水速乾性がある素材として利用されています。

◯ デニール(denier)とは

デニールとは、絹糸やナイロンなどの化学繊維のような長繊維の太さを表す計量単位のことをいいます。タイツやストッキングの太さを表す単位として有名です。

デニールは、糸の長さ 9,000メートル= 1.0 グラム(g)

つまり、デニールの値が大きくなればなるほど、糸が太いことを意味しています。現在では、デシテックス(dtex)が国際単位として、広く使用されています。

マイクロファイバー製品は肌触りが良いのは何故か?

繊維の直径が8マイクロメートル以下の非常に細い繊維で構成されています。この極細の繊維が生地を柔らかくして、肌に対して優しい感触をあたえてくれます。

マイクロファイバーのメリット・デメリット

<メリット>

・繊維表面のギザギザが水分を効率よく吸着するので吸水性に優れ、速乾性も兼ね備えている

・繊維に隙間が多く空気を多く含むことができるので、軽量で保温性を高める効果がある

<デメリット>

・繊維が細かいため擦れた時に強く傷つく可能性があります。

山屋産業で実績のある製品のご案内

山屋産業の自社工場にはミシンや編み機などが豊富にありますので、色々な製品を製造することが可能です。弊社でマイクロファイバーの製品化したことがあるものの一部をご紹介いたします。

レッグウォーマー

上記の写真はレッグウォーマーです。仕上げ長さは34ー35cm、膝からふくらはぎまでをすっぽりと覆えるサイズになっています。ゴムの量を調整してよく伸びる生地にすることも、伸びを抑制することも可能です。シームレスな丸編みになっており、テーパーをつけることも可能です。

テーパーとは、編み立て生地の上部と下部の幅を調整したものです。何故幅を変えるかと言いますと、膝サポ―ターなどでは「太ももとふくらはぎの周径が違う」のでテーパーを付けないとフィット感が良いものに仕上がりません。そのため体の形状に合わせる為に、テーパーを付けているというわけなんです。

レッグウォーマーの選ぶ基準

素材の質感:実際に触ってみて、なるべく柔らかく肌に優しいものを選ぶことが大切です。

長さと厚み:実際の用途に合わせて長さと厚みを選んでみてください。

サ イ ズ:快適にフィットするサイズ感のものを選ぶか、ゴムの伸縮性が高いものを選びましょう。

腹巻き

レッグウォーマー同様に丸編み機で作ります。例えばのサイズですが、置き寸24cm幅のものでゴムによる伸縮性を持たせれば、ウエストサイズ100cm程度の人まで快適に着脱することが可能になります。

靴下

こちらはフリーサイズのマイクロファイバー靴下です。レッグウォーマーと靴下をセットにして履けば、足元から温めてくれて、冬の寒さを快適に過ごすことができるアイテムです。糸もいろいろな色を合わせて編むことができますので、ボーダーなどの柄にすることもできます。

まだ製品化の実績はありませんが、長さや幅を変えていけば、アームスリーブやリストバンドなども作ることは可能です。

山屋産業ではマイクロファイバーの糸の仕入れからOEM製造まで対応できます!お気軽にお問い合わせください!

山屋産業では台湾法人を通じて、台湾からマイクロファイバーの糸を調達し、国内の製造工場で製品を作っています。少し前のお話ですが、他社で生産できないか試しで編み機に通してもらいましたが、マイクロファイバーの糸が特殊なために引っかかって、綺麗に仕上げられないと回答があり驚きました。靴下やサポーターを作る編み機は見た目や機能は似通ってても、得手不得手はあるようですね。

マイクロファイバー製品のOEM製造ができるというのは山屋の強みだと考えています。M/Lのサイズ展開、ゴムの伸び、置き寸の幅、織りネームの縫製など、いろいろなご提案をさせて頂きます。

これから夏に向けて暑くなってくる時期ですが、秋冬製品の企画・デザインなどは今の時期から混み合ってきます。マイクロファイバーを使ってこういった製品が作れないかと、色々アイディアをお持ちの方は是非お問い合わせ下さい。

靴下の親指部分がすぐに破れてしまうという経験、皆さんも一度はあるのではないでしょうか。特に新品の靴下を履いたときのその失望感は、計り知れませんよね。しかし、もう心配無用です!今回は、そんな悩みを解消する画期的なアイテムをご紹介していきたいと思います。

指に穴が空いてしまう理由とは

靴下の親指部分に穴が空きやすい原因は、爪が靴下に引っかかることが原因で発生します。どんなに爪を切っていても、爪に引っ掛けて破いてしまいお困りの方が多いようですね。

お気に入りの片側の靴下だけ親指に穴があいてしまうとショックが大きいものです。同じ靴下を何枚も持っていれば片方だけ捨ててしまえばそれで終わりですが、もし1セットしか持ってないと両方捨てなければいけなくなります。

親指専用の靴下を作りました!

そんなお困りの方に親指専用靴下のご紹介です!

親指に装着して、その上から靴下を履くだけで、直接当たらなくなるので破れ予防につながります。生地も薄手になっているため、靴下の下に履いてもあまりごわつきを感じません。

他の使い方として靴下の下に履く以外に、女性の場合はタイツやストッキングの下に履くなどいろんな使い方ができるようですね。

引っ張ってみるとこんな感じの商品です。

親指サックなどの小さな製品でも500セット〜OEM製造可能です!オリジナルで制作されたい方はぜひお問い合わせください。

山屋産業の工場にはミシンや編み機などをいくつも保有しており、多様な縫製品やニット製品のOEM製造が可能です。ニット製サポーターや、腹巻き、アームスリーブなどの製造実績もあり、こういった小さなパーツだけの製造も問題なく対応が可能です。

みなさまのお困りごとをお聞かせください!こういった製品が欲しいなどのアイディアをOEMで実現いたしますのでお気軽にお問い合わせください。


ページの先頭へ