各種繊維製品の企画・製造・販売

お問い合わせ

マイクロファイバーといえばブランケットやクロス、タオルやスリッパなど色々な製品に利用されるようになり、目にすることも増えましたね。なんといっても触り心地が非常にいいので、店頭などに並んでいるとふと触ってみたくなる人もいるのではないでしょうか。自分好みの触り心地を見つけた時はいつも感動してしまいます!さて、今回は山屋産業でつくれるマイクロファイバー製品をご紹介していこうと思います。

マイクロファイバーについて

マイクロファイバーmicrofiber)は、1デニールまたはデシテックス/糸よりも細い合成繊維で、直径が10マイクロメートル未満のもの。

                        マイクロファイバー – Wikipedia

マイクロファイバーのほとんどはポリエステルもしくはナイロンを原料としてできており、非常に軽く、吸水性、速乾性に優れた素材です。スポーツウェアやその他の多くの用途で、吸水速乾性がある素材として利用されています。

◯ デニール(denier)とは

デニールとは、絹糸やナイロンなどの化学繊維のような長繊維の太さを表す計量単位のことをいいます。タイツやストッキングの太さを表す単位として有名です。

デニールは、糸の長さ 9,000メートル= 1.0 グラム(g)

つまり、デニールの値が大きくなればなるほど、糸が太いことを意味しています。現在では、デシテックス(dtex)が国際単位として、広く使用されています。

マイクロファイバー製品は肌触りが良いのは何故か?

繊維の直径が8マイクロメートル以下の非常に細い繊維で構成されています。この極細の繊維が生地を柔らかくして、肌に対して優しい感触をあたえてくれます。

マイクロファイバーのメリット・デメリット

<メリット>

・繊維表面のギザギザが水分を効率よく吸着するので吸水性に優れ、速乾性も兼ね備えている

・繊維に隙間が多く空気を多く含むことができるので、軽量で保温性を高める効果がある

<デメリット>

・繊維が細かいため擦れた時に強く傷つく可能性があります。

山屋産業で実績のある製品のご案内

山屋産業の自社工場にはミシンや編み機などが豊富にありますので、色々な製品を製造することが可能です。弊社でマイクロファイバーの製品化したことがあるものの一部をご紹介いたします。

レッグウォーマー

上記の写真はレッグウォーマーです。仕上げ長さは34ー35cm、膝からふくらはぎまでをすっぽりと覆えるサイズになっています。ゴムの量を調整してよく伸びる生地にすることも、伸びを抑制することも可能です。シームレスな丸編みになっており、テーパーをつけることも可能です。

テーパーとは、編み立て生地の上部と下部の幅を調整したものです。何故幅を変えるかと言いますと、膝サポ―ターなどでは「太ももとふくらはぎの周径が違う」のでテーパーを付けないとフィット感が良いものに仕上がりません。そのため体の形状に合わせる為に、テーパーを付けているというわけなんです。

レッグウォーマーの選ぶ基準

素材の質感:実際に触ってみて、なるべく柔らかく肌に優しいものを選ぶことが大切です。

長さと厚み:実際の用途に合わせて長さと厚みを選んでみてください。

サ イ ズ:快適にフィットするサイズ感のものを選ぶか、ゴムの伸縮性が高いものを選びましょう。

腹巻き

レッグウォーマー同様に丸編み機で作ります。例えばのサイズですが、置き寸24cm幅のものでゴムによる伸縮性を持たせれば、ウエストサイズ100cm程度の人まで快適に着脱することが可能になります。

靴下

こちらはフリーサイズのマイクロファイバー靴下です。レッグウォーマーと靴下をセットにして履けば、足元から温めてくれて、冬の寒さを快適に過ごすことができるアイテムです。糸もいろいろな色を合わせて編むことができますので、ボーダーなどの柄にすることもできます。

まだ製品化の実績はありませんが、長さや幅を変えていけば、アームスリーブやリストバンドなども作ることは可能です。

山屋産業ではマイクロファイバーの糸の仕入れからOEM製造まで対応できます!お気軽にお問い合わせください!

山屋産業では台湾法人を通じて、台湾からマイクロファイバーの糸を調達し、国内の製造工場で製品を作っています。少し前のお話ですが、他社で生産できないか試しで編み機に通してもらいましたが、マイクロファイバーの糸が特殊なために引っかかって、綺麗に仕上げられないと回答があり驚きました。靴下やサポーターを作る編み機は見た目や機能は似通ってても、得手不得手はあるようですね。

マイクロファイバー製品のOEM製造ができるというのは山屋の強みだと考えています。M/Lのサイズ展開、ゴムの伸び、置き寸の幅、織りネームの縫製など、いろいろなご提案をさせて頂きます。

これから夏に向けて暑くなってくる時期ですが、秋冬製品の企画・デザインなどは今の時期から混み合ってきます。マイクロファイバーを使ってこういった製品が作れないかと、色々アイディアをお持ちの方は是非お問い合わせ下さい。

よく山屋産業に寄せられるお問い合わせに「SNSインフルエンサー様の依頼でサポーターを企画・販売したい」という相談があります。最近は、個人の方でもSNS等を通じて独自の販売チャネルをお持ちの方が増えてきているみたいですね。山屋産業では、スポーツ用や医療用サポーターの製造経験が豊富で、これまでのノウハウを活かし、個人の方々が企画・販売できるような体制を模索しています。

SNSを通じて個人で活躍されているインフルエンサー様のオリジナル製品開発をサポートします

企業様からのご依頼とは若干異なり、個人の方が企画から販売までを行う場合、ファンや視聴者に対して、ご自身が良い!伝えたい!と思える製品を作り上げ、ブランド力を高めたいと考えていることでしょう。

しかし一方で、製品開発は不慣れで、ハードルが高いと感じられる方も実は多いのかもしれません。素材選びから製品開発、大量生産までの道のりは長く、思うような製品が出来上がらないリスクもあります。

そんな中、山屋産業では、お客様のニーズに合わせた製品作りを丁寧にサポートします!

シームレスサポーター

例えば、上の写真は弊社の編み機で製造したシームレスサポーターの一例です。膝や手首サイズに縫製し、ゴムを編み込んでいます。これにより、縦横に十分に伸び、ずれ落ち防止加工や吸水加工を施した製品となっています。着用感は非常に柔らかく、長期間ご利用いただけます。

季節的な要因で生地が厚いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、糸の本数を増減させて薄くも厚くも調整可能です。長さや幅についてもS〜LLサイズ程度までなら調整可能。また、ロゴ刺繍やシリコンプリント等を施すことで、オリジナリティを追求することも可能です。

アームスリーブ

上記は別の商品例ですが、フリーカット生地を使ったアームスリーブと手首サポーターです。2wayなので縦にも横にも伸びますし、長さの調整も可能です。縫製をフラットシーマにしていますので、縫製の糸による当たりやゴロつきも少なく、着用感が非常によいものとなっています。

プリント可能な特殊ゴム素材を使ったサポーター

カラフル骨盤サポートベルト
和柄の超極薄ハイパワーゴム

こちらは超極薄ハイパワーゴムを使った骨盤ベルトです。これまで黒やベージュなどが多かった骨盤ベルトでしたが、自由な模様にプリントできる素材を使うことができるようになりました。

どこで裁断しても生地がほつれてこない特殊生地で、驚きの薄さ0.5㎜でありながら50,000回の伸縮疲労試験後も90%の張力を維持するハイパワーなゴムです。生地はポリウレタンが約80%、ナイロンが約20%、軽くてやわらかな風合いから体にフィットするので、弊社でも腰ベルト他サポーターの部分使いとして使用しています。

上記の画像は超極薄ハイパワーゴムにインクジェット加工を施したものです。細幅織物への加工、ナイロン生地へのインクジェット加工ができるのは全国でも数少ないそうなので珍しいものと思います。

この加工は、基本ロット1,000mより承っております。この超極薄ハイパワーゴムは30m巻きなので、約34反分です。腰ベルトに換算すれば、約1,000本分となりますが、自分だけのオリジナルの商品を作りたい!とお考えの方にはマッチするのではないでしょうか

山屋産業のサポーターは日本製です!オリジナルサポーターの販売をご検討の方はお問い合わせください

個人でオリジナルのサポーターをオーダーメイドで作って販売したいと考えている方は、ぜひ一度お問い合わせください。山屋産業が全力でサポートいたします。

◯ 膝 / ふくらはぎ / 腰 / 背中 / 手首 / 肩 / 足首 / 指など、どの部位でもご提案できます

◯ 医療・スポーツ・美容・ヘルスケア・ペット向け等のサポーターにご対応できます

◯ ネオプレン・ナイロン・ポリエステル・EVA・ラッセル・メッシュなど各種素材をご用意できます

◯ ロゴ入れ、折りネームタグ縫い付け、ロゴ刺繍、合皮の縫い付けなどロゴ入れ加工も手配可能

◯ 夏用・冬用素材のご提案できます

弊社では、これまでメディカル分野やスポーツサポーターに使用してきたノウハウを活かし、新たな分野にどんどん挑戦していきたいと考えています。時代のニーズに合うものを作って世の中へ送り出したいと考えていますので、まずは御社のアイディアを山屋産業へぶつけてみてください。

お問い合わせフォームへ

2月も半ばに近づいているのに今年はあまり雪が降りませんね。去年もの雪が少なかったですが。北陸だけではないですが暖冬予報がでていて、金沢に近いスキー場がつい最近やっと開いたような状況です。近所の人と話しをしていても、こんなに道路が見えてるなんて珍しいわ、と言って地元の人も雪が降らないことに驚いています。

さて、弊社ブログは開設されて8年程経ちますが、その間に300以上の記事の投稿をしてきました。石川県の繊維関連業者として、さまざまな商品開発に携わり「世の中のあったらいいな!」を解決してきた過程などを紹介し製造サイドの思いが詰めこまれています。

しかし、これだけ記事数があると良い生地も埋もれてしまうので、初めてご覧になる方でも楽しく見てもらうために、アクセス数が多い記事を中心に纏めました。

  –目次– (左の▶︎を押すと「目次」が開閉します)

 ◯ 1.生地・ゴム・ファスナーテープなど副資材について

 ◯ 2.プリントについて

 ◯ 3.提案事例(スポーツ・医療・介護・ペットなど)

山屋産業と聞いてどのような会社を思い浮かべますか?

みなさんは「山屋産業」と聞いて、どのような会社を思い浮かべますか?すでに山屋産業をご存知の方は、サポーターを主に作っている会社だと思っているかもしれません。実は・・・それだけではありません。山屋産業は生地や副資材の仕入れから、企画、製造、販売までを一貫でおこなう制作チームがあり、サポーターだけではなく、さまざまな業種の製品を手掛けてきました。

例えば、ネオプレン素材を使ったワインバッグ、スポーツの脛当て、ヨガマット、産業用のアシストスーツなど、幅広い分野で活躍しています。

1.生地・ゴム・ファスナーテープなど副資材について

山屋産業がこれまで取扱ってきた生地や副資材などについて、よく読まれている記事をご紹介します。会社がある津幡町の隣にある石川県かほく市はゴム紐の産地として有名です。ゴム紐や伸びる2WAY生地をつかって

ゴム紐に滑り止め加工する依頼がありました!ゴーグル用特殊ゴム紐

ゴム紐に滑り止め加工する依頼がありました!ゴーグル用特殊ゴム紐、山屋産業では様々な生地への滑り止め加工が可能です!
thumbnail
 今回の滑り止めプリントはシリコンで行いましたが、弊社で取り扱いの滑り止め加工には3種類ございます。この種類というのはインクの違いです。また、インクと生地の相性もありますので、滑り止め加工をお考えの方は一度参考にしてみてください。
https://yamaya-sangyo.co.jp/topics/898/

超極薄ハイパワーゴムのお問合せを頂きました。柄ありハイパワーゴムの作成も可能です

超極薄ハイパワーゴムができました!細幅織物や素材に柄やプリントしたい方もお問い合わせください!
thumbnail
驚きの薄さ0.5㎜でありながら50,000回の伸縮疲労試験後も90%の張力を維持するハイパワーなゴムです。軽くてやわらかな風合いから体にフィットするので、弊社でも腰ベルト他サポーターの部分使いとして使用しています。
https://yamaya-sangyo.co.jp/topics/3995/

小ロットでサポーターを作りたい人に朗報!!「伸びるB面ファスナー」なら、在庫リスク最小限でオリジナル製品が作れます。

小ロットでサポーターを作りたい方は「伸びるB面ファスナー」で在庫リスク最小限のオリジナル製品が作れます。
thumbnail
サポーターを作って販売したいという方でこんなお悩みありませんか? ロットが大きくて始められない・・・本体生地の製造に納期がかかりすぎる・・・。 なかなか条件と合致しなくてお困りの方は「伸びるB面ファスナー」で、そんなお悩みを解決!!
https://yamaya-sangyo.co.jp/topics/5978/

丸編み機でできるシームレスサポーター

丸編み機でできるニット製保温用シームレスサポーターは生地もサイズも多種多様です
thumbnail
弊社から出荷されるニット製保温用シームレスサポーターは自社工場で編み立てされた生地になります。工場内はきれいに管理されており、綿ほこりは大型の集塵機によって吸い取る工夫をしています。ニット製とは「生地」の事を指しています。ニットは一本の糸でループをつくりながら編み上げられた生地の事を指し、これを筒の様に編み上げる事ができる「丸編み機」を保有しています。
https://yamaya-sangyo.co.jp/topics/326/

生地の強度を高める方法 モビロン加工

2.プリントについて

山屋産業で取り扱ってきたプリントについて、よく読まれている記事をご紹介します。一言で「プリント」と言っても、生地との相性や量産するための知恵、付加機能など、さまざまな特性を考慮して製品作りに活かしていきます。また製品にロゴをつける工程だけでも、刺しゅう、ワッペン、タグ、転写、インクジェットプリントなど多くの選択肢があり、お客様のニーズや予算に沿った提案が必要となります。

転写やプリントは伸びが止まるけど、今日は伸縮性のあるプリントを試し塗りしました

転写やプリントは伸びが止まるけど、伸縮性があるプリントを試し塗り
thumbnail
弊社で製品を作る時にぶち当たる問題が、プリントした部分が「伸びない」こと。 せっかくの良い生地や素材でもプリントして伸縮性がなくなると勿体ないですよね。先日伸びるプリントを生地に試し塗りしてみました。 プリントなしの部分より若干伸びが少なくなる程度で、今回試し塗りしてもらった生地とほぼ同じ伸縮性が保てていると感じました
https://yamaya-sangyo.co.jp/topics/5105/

夜間作業・活動する人は、反射加工したものを身に着けることで安全性がアップします

【安全対策】夜間作業・活動する人は、反射加工したものを身に着けることで安全性がアップします
thumbnail
今回は夜ランニングと反射加工についてのお話です。最近、夜ランニングを始めたのですが、真っ暗な所は知っていると対向から走ってきた人とぶつかりそうに。反射加工された服やライトを身に着ける必要があるなと感じました。夜ランニングでは反射材などを身につけることで、車や自転車に自分の存在を早めに知らせることが出来ます。
https://yamaya-sangyo.co.jp/topics/5808/

メダルの首掛けリボンの縫製もリボン部分のデザインプリントもできます

山屋産業ではメダルの首掛けリボンの縫製やリボン部分のデザインプリントも可能です。
thumbnail
弊社でもある取引先を経由しての「メダルリボン」縫製の依頼が増えております。マラソンイベントやスポーツイベントで、「頑張りましたね!」と言われながら首にかけてもらえるリボンです。メダルリボンと聞くと2色や3色のストライプなどを想像しますが、山屋産業では文字や絵をはっきりときれいに入れられ、よくあるリボンとは別次元のデザインを施せる先も取引先にございます。
https://yamaya-sangyo.co.jp/topics/5760/

3.提案事例(スポーツ・医療・介護・ペットなど)

前述した通り、山屋産業はサポーターに限らず、さまざまな商品を手掛けてきた実績があります。問い合わせの事例や提案事例などを踏み込んで記事にしていますのでご紹介します。すべて目を通すのは大変なので興味がありそうな記事だけ、かいつまんでもらえれば、お困りの場合は何かのヒントが見つかるかもしれません。

ノベルティ・販促用で膝サポーターをご提案

ノベルティグッズ・販促用・プレゼント企画で「ひざ用サポーター」を探している企業様は一度お問い合わせください。
thumbnail
健康食品やサプリメントなどに付けるノベルティグッズに「膝サポーター」をプレゼントしたいというご相談を多く頂いているのです。さんもTVなどで健康食品やサプリメントの販売をしている番組を見たことありませんか? 「今購入すると特別価格〇〇円!」とか「〇〇をプレゼント!」といった宣伝をしています。企業や商品の宣伝活動の一環として配布されるもので、日常的に使いやすいアイテムが多いです。
https://yamaya-sangyo.co.jp/topics/4474/

暑い季節に腰ベルトをしたくない人にご提案

夏対策|暑くて腰痛ベルトをしたくない人!薄くても保護機能がバツグンの商品を生産しています。
thumbnail
暑い夏に腰痛が発生しやすいのは、腰痛をお持ちのかたには悪いニュースだと思います。しかし、どんなに暑くても、腰痛に苦しんでいる方は苦痛に耐えながらコルセット等を巻きながら仕事をされています。 腰痛のお持ちの方に必要なのは通気性のある素材を使い、少しでも涼しく過ごせる工夫が必要です。暑さ対策に必要な通気性は、いろいろな要素を組み合わせて改善できますのでその方法をご紹介していきます。
https://yamaya-sangyo.co.jp/topics/597/

山屋産業の社員がお勧めするヨガマットの選び方

山屋産業の社員がお勧めするヨガマットの選び方
thumbnail
今年は暑い夏になりそうです。 最近の気温は30度越えが当たり前で、外に出るのも気が引けてしまいそうな暑さです。暑すぎて逆に家に引きこもりがちですが、サボってはいけないのが「エクササイズ」です。 室内エクササイズをする上で活躍するのが「ヨガマット」です。衝撃吸収してくれるので足にも優しいですし、床を傷つける心配もありません。賃貸や集合住宅に住んでいるなら、騒音防止の効果も望めます。
https://yamaya-sangyo.co.jp/topics/7867/

ボッテガ調が流行りの様です。弊社でもボッテガ風エコバック作れます

ボッテガ調が流行りのようなので、弊社でもボッテガ風エコバック作ってみました。
thumbnail
弊社のネオプレンゴムを用いてボッテガ風エコバッグを作成しました。これまで剣道製品に使用していたネオプレンゴムを活用し、ネオプレンバックも作っています。弊社取り扱いのネオプレンは、いろいろな厚さのものを取り揃えております。基本的に多く使用しているのは1㎜~3㎜のネオプレンで、表裏に生地を貼り合わせることで様々な用途の生地に変化いたします。
https://yamaya-sangyo.co.jp/topics/5502/

長靴の口にサポーターを被せる雪よけで、大雪の中でも気持ち良く雪かきができる

ワールドカップが盛り上がっています!シンガード(すね当て、レガース)も製造できます

妊婦帯はご存じですか?妊婦さんのお腹を支えて体を守る製品です

ペット産業が盛り上がっているようですが、ペット用サポーターの製作可能です

釣り用アームカバーで紫外線の気になる夏目前にUV対策しましょう

 

衝撃吸収やクッション性が必要な製品は山屋産業におまかせください

ワインバックにネオプレンを使っていてノベルティ等にオススメです

ランニング人口が過去最高!ランニング・ウォーキング関連製品のOEM可能です

義肢・装具の業界で利用される膝サポーター等の製作もお任せください

今後も新しい技術やアイディアを探究していきます!!

いかがでしたでしょうか。山屋産業の事業内容や製品などをまとめましたが、サポーターだけでなく、医療用品やスポーツ用品、ペット用品など、様々な分野で活躍している会社です。

山屋産業は、どんなニーズにも応えられる柔軟な技術力と、高品質な製品を提供することに誇りを持ち、お客様のニーズに応えるために、常に新しい技術やアイデアを探求しています。製品の品質にもこだわり、安心してご利用いただけると考えております。

これからも、お客様の声に耳を傾けながら、新しい製品を生み出していきたいと思っています。山屋産業の最新情報や提案事例、魅力について、もっと詳しく知りたい方は、ぜひ、私たちのブログをチェックしてくださいね。

山屋産業は石川県かほく市に自社編み立て工場があります。弊社から出荷される多くのニット製保温用シームレスサポーターが、この工場で編み立てされた生地になります。工場内はきれいに管理されており、綿ほこりは大型の集塵機によって吸い取る工夫をしています。

ニット製シームレスサポーターといっても、初めて聞く人は何のことかお分かりでないと思います。ニット製とは、素材を指すのではなく、生地の事です。ニットは一本の糸でループをつくりながら編み上げられた生地の事を指し、山屋産業ではこれを筒の様に編み上げる事ができる「丸編み機」を保有しています。

シグマの丸編み機
–目次–(左の▶︎を押すと「目次」が開閉します)

1.あらゆるサポーターサイズに適応できます!丸編み機(筒状)の種類

2.丸編み機で作れる形状は単純な筒状だけではありません!

3.シームレスサポーターの製造工程を解説していきます

4.糸の組み合わせを考えるのは大事!

5.山屋産業の丸編み機で編める糸やゴムの種類は豊富にあります!

シームレスサポーターのシームレスは英語の「seamless」から来ています。Cambridge Dictionaryで「seamless」と検索すると「without any seams (= lines of sewing joining different pieces of cloth)」と出てきます。これは「縫い目のない」という意味で、ここではニットで編み上げているので縫製の必要がないという事を指しています。後述の通り、丸編み機で出来たサポーターは筒の両端を縫い返す必要があるので、厳格に言うと完全シームレスではありませんが、縫い目によるあたりが非常に少なく、伸縮性があり、やわらかで快適なサポーターです。

丸編み機から出てきたサポーターを上下縫製した写真

あらゆるサポーターサイズに適応できます!丸編み機(筒状)の種類

4インチ

径が4インチ(1インチ=2.54cm)の編み機で生産しているサポーターは、主に「手首」のサポーターになります。必ずしも手首に限定するものではありませんが、その程度の太さなので、判断がしやすいと思います。弊社の手首サポーターは基準幅が7.5cmとなっていますが、このサポーターはゴムが入っており、このゴムのテンション調整と、サポーターに使用する糸の本数によって幅を調整しています。糸だけで生地を編み立てることも可能です。

4.5インチ

径が4.5インチ(1インチ=2.54cm)の編み機で生産しているサポーターは、主に「ひじ」「足首」のサポーターになります。必ずしも限定するものではありませんが、その程度の太さなので、判断がしやすいと思います。弊社の「ひじ」サポーターは基準幅が9.5cmとなっていますが、このサポーターはゴムが入っており、このゴムのテンション調整と、サポーターに使用する糸の本数によって幅を調整しています。

「足首」サポーターは基準幅が9cmとなっていますが、このサポーターにもゴムが入っています。同じ4.5インチの機械を使用していますし、形状は同じストレート生地ですが、ゴムのテンションによって幅に違いを出しています。こうした芸当は可能です。

足首用サポーター 加工例

足首は、踵部分に穴をあけた形状にすることもあります。これは足首~足にかけてのフィット感を高める為です。この場合は、ストレート形状の生地に穴をあけて、上下・穴の周りを縫製する事で足首にフィットするサポーターを作ることができます。

5インチ

径が5インチ(1インチ=2.54cm)の編み機で生産しているサポーターは、主に「ふくらはぎ」のサポーターになります。必ずしもふくらはぎに限定するものではありませんが、その程度の太さなので、判断がしやすいと思います。

取引先によってはこのサイズを「ひざS」として併用できる表示をしているところがあります。弊社の「ふくらはぎ」サポーターは基準幅が上部(広い方)が12.5cm、下部(狭い方)10.5cmとなっています。このサポーターはゴムが入っており、このゴムのテンション調整によって幅を管理しています。

6インチ

径が6インチ(1インチ=2.54cm)の編み機で生産しているサポーターは、主に「ひざ」のサポーターになります。必ずしもひざに限定するものではありませんが、その程度の太さなので判断がしやすいと思います。弊社の「ひざ」サポーターは基準幅が上部(広い方)が13.5cm、下部(狭い方)11.5cmとなっています。このサポーターはゴムが入っており、このゴムのテンション調整によって幅を管理しています。

7.5インチ

径が7.5インチ(1インチ=2.54cm)の編み機で生産しているサポーターは、主に「もも」のサポーターになります。必ずしもももに限定するものではありませんが、その程度の太さなので判断がしやすいと思います。

必ずしも、ももに限定するものではありません。取引先によってはこのサイズを「ひざL」として併用できる表示をしているところがあります。弊社も「もも」サポーターは基準幅が上部(広い方)が16.5cm、下部(狭い方)が14.5cmとなっています。このサポーターはゴムが入っており、このゴムのテンションによって幅を管理しています。

丸編み機で作れる形状は単純な筒状だけではありません!

ストレート形状

ストレート形状の生地が丸編み機から出てくる様子

編み立てする生地の形状に関してですが、まずは単純に同じ生地幅で真っ直ぐ編んだストレートの生地が作れます。例えばですが、ひたすら筒状に編み立てた生地が欲しいというお客様には、連続してつながっている筒状・同じ幅の編み生地をご提案できます。

筒状のテーパーなしの長い生地

この編み生地には、ゴムを使うことによって伸びを持たせることが可能ですし、逆にゴムを使わないで伸びのない生地を作ることも可能です。それぞれの用途があると思いますのでご相談下さい。

テーパー付き(筒の上下で幅が違う)

編み立てした生地の上部と下部で、径の大きさを変えることが可能です。形は台形を想像して下さい。台形のはどちらを上下と呼ぶかは別にして、狭い方と広い方があります。この形に編み生地を作ることができます。

編み生地はストレート形状と同じく連続してつながっていますが、広い方と狭いほうがつながった格好で編み生地が出来上がります。通常この編み生地をサポーターとして活用する場合は、広いところと狭いところの境い目をハサミでカットし、編み生地を連続したものから1枚1枚に切り分けます。これが縫製されることで1枚のサポーターに仕上がることになります。

テーパーのイメージ

このテーパーに関してですが、ゴムを使用することによって可能です。では広いほうからどれだけ狭く編み立てができるのかと言うと、使用するゴムによって変化します。機械として編み立てが可能な幅にも限界があり、その中にゴムがどれだけの量を挿入することができるかによります。

どうしてテーパーをつけるのか?

まず、テーパーとはwikipediaでは下記のように説明されています。

テーパーまたはテーパ (英語: taper) は、細長い構造物の厚みなどが、先細りになっていることである。そのような設計にすることを「テーパーをつける」と言う。」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC

つまり、丸編みでは次第に細くしていくことを指しています。なぜ細くするのか?膝サポ―ターなどは太ももとふくらはぎの周径が違うので、テーパーを付けないとフィット感が良くありません。ですので体の形状に合わせる為に、テーパーを付けています。よくアパレルなどで耳にする「テーパードパンツ」は、まさにこの手法を活用したもので、パンツを裾に向かって次第に細くするデザインとすることで、足全体を細くすっきり見せる効果があります。

編み立てできる生地のおさらい

①筒状の生地が編み上がります。

②ゴムを入れることも、入れないことも可能です。

③ストレートの形状と、テーパー(広い狭い)のついた形状が可能です。

④長い状態のままで出荷することが可能です。

⑤一枚一枚のサポーターになった形で出荷することが可能です。

シームレスサポーターの製造工程を解説していきます

企画~材料の手配

シームレスサポーターについてお客様から新規のお問い合わせがあった際に、まずは企画を立てることから始めます。弊社の定番品であればその必要はありませんが、新しい製品の企画段階ではその用途や素材選びが重要です。

・用途は何か

糸の種類は豊富ですから、何を重視して選べば良いのか迷うこともあります。例えば肌に優しい天然素材にこだわるなら、ウール・シルク・綿が選択肢になりますし、肌の弱い人やアトピーの症状を持ったお子さんのために、特にオーガニックコットンは敏感肌の方に人気があります。

スポーツ用途の場合、汗をかいても蒸れにくいよう吸水性の高い化学繊維が選ばれることも多く、機能性糸は湿気を迅速に吸収・放出しますので、スポーツに対応できます。

ターゲット層はどこか

サポーターを使用する人はどんな年齢層なのか、若い人を主に狙うのか、高齢者の方が使いやすいものを目指すのか、企画内容が重要になります。

一般的に、高齢者はゴムが強く肌にあたることを嫌がる傾向があると聞きます。最近は靴下も締め付けないものが販売されていますが、サポーターも同じ流れを感じます。

このゴムも選択肢が豊富です。サポーターは基本的に糸とゴムの組み合わせで成り立っています。ゴムが入っていることが前提になっていますので、締め付け感をどの程度にするのかによって、サポーターの性格が決まります。

◯ゴムの種類は2つに大別される

ゴムには大まかに「天然ゴム」と「ポリウレタン」の2種類に分けられます。

◯天然ゴム

天然ゴムの木から樹液を取って加工したものですが、サポーターの場合、今でも天然ゴム系を使用することがあります。ゴムは締め付け感が強いので、圧迫度合を求めるタイプのサポーターに向いています。

シームレスサポーターの話から逸れますが、生ゴムを骨盤ベルトが売られているのを見たことがありませんか。これなどゴムの強い締め付けにこだわった製品です。

◯ポリウレタン

ポリウレタンは化繊なので糸の分類です。ゴムじゃないのか・・・? その通りで、ストレッチ性を持たせた糸が正解です。ゴムに似せて伸びを出すことができる糸がポリウレタンです。

サポーターを作る時に、ポリウレタンを使用して伸縮性を出すか、天然ゴムを原料としたゴムを使用して伸縮性を出すかも決めることになります。

近年はポリウレタンがメインになっています。ポリウレタンはゴムに比べて劣化しにくい特徴があります。

昔の話ですが、靴下の口ゴムが使用していると伸びてきて、ずり落ちてきた経験がありませんか。ずり落ちてこないようにソックタッチとかいうノリで止めていたことがあります。これは当時の靴下のゴムが天然ゴム系で、劣化していったからだと思われます。輪ゴムも天然ゴム使用ですが、切れることがありますよね。あれと同じ現象です。

靴下でこんな経験ない人は若い人ですね。天然ゴムからポリウレタンに代わっていく過程で、靴下がずれてこないように進化したと考えられます。

ポリウレタンはゴムに比べて締め付け感が強くありません。伸びたポリウレタンが縮んでくる際は、緩やかに戻ってくると特徴を有しており、肌に食い込むような感覚が少ないと思います。

編み立てスタート

企画がまとまり材料も決定しました。いよいよ編み機に糸とゴム(ポリウレタン便宜上含みます)を準備します。編み機から順次、編まれた生地が上から下に降りてきます。編み機がスタートしてからしばらくの編み生地は、寸法が一定ではなく品質的に良いものができません。

様子を見ながら編み立てを行い、狙った寸法に編み上がるまで待ちます。この間に編み立てた生地はロス(廃棄処分)になります。

企画に合わせた機械セッティングを行い、その狙い通りの編み生地が出来上がったくれば第一段階は合格です。ここで一旦編み立てはストップします。

寸法の確認

編み立てた生地が最終的な製品になった時に、決められた規格に収まるのかどうか、を確認する大切な作業があります。それが本番スタート前の寸法確認作業です。

ここで製品が規格通りに仕上がることが確認できた後、止めたあった機械を再スタートさせ、本番編み立てとなります。

カット(裁断)

編み立てられた生地はつながっていますので、この生地を1枚1枚のサポーターに切り分ける作業が必要になります。それがカットまたは裁断という工程です。連続したサポーター生地にはカットラインというものが入っています。カット作業者はこのサポーターとサポーターの境い目にあるカットラインに沿って、ハサミを入れることで切り分けしています。

このカット(裁断)の作業の時、編み生地にキズや汚れがないかをチェックします。編み立て工場でも検査をしていますが、全ての不良をはねることができません。そこでカットの際に不良がないか確認をします。もし同じようなキズが見受けらるなど、特徴的なものを発見した際は、速やかに編み立て工場に連絡を入れ、機械や編み針にトラブルがないか確認をするように心がけています。

縫製

カット(裁断)されて1枚づつのサポーター生地になったら、今度は縫製工程に回されます。縫製行程も複数に分かれており、それぞれの工程を担当者が責任を持って縫っています。サポーターは伸縮性があるために、縫製にも技術が必要です。引っ張れば伸びてしまう生地を、いかに伸ばすことなく一定のリズムで縫っていくか。シームレスサポーターは初めから筒状の形をしていますので、筒状の上下口を縫わないといけません。

平状の生地を真っ直ぐに縫うことでも難しいのですが、それが筒状となれば更に難しいのですが、担当者は慣れた手さばきでいとも簡単に縫い上げていきます。

仕上げ

縫製が完了するとサポーターの形になっています。ところがこれで完了出荷ではありません。ここから更に難しい作業が待っています。縫い上がってきたサポーターを決められた規格寸法に仕上げる必要があるのです。縫っただけのサポーターは規格寸法よりも大きく出来上がっています。このサポーターに熱を加えて規格に合った寸法に縮める作業を行います。

なぜ熱を加えてサポーターを縮める必要があるのか。それはまず第一にサポーターに使われているゴムを強制的に縮めてしまうためです。この工程を経ると、お客様のもとでサポーターが大きく縮んでしまうことがなくなります。もちろんニット製ですから使用すると一定の縮みは発生しますが、その割合が少なくて済むように事前に縮めるのです。

もうひとつ効果があります。それは熱を加えることで生地の風合いが良くなるからです。熱を掛ける前はガサガサだった風合いが、ふんわり柔らかくなるのです。

検品~完成

仕上がったサポーターを1枚1枚丁寧に検品していきます。生地にキズはないか、目立った汚れはないか、縫製がしっかりとなされているか、寸法が定められた規格に沿っているか。改めて検査をすると不良が見つかるのもです。ここまでの段階で何度も人の目を通ってきたのですが、じっくり検査工程を経ることで不良品の出荷を未然に防ぐことができるのです。

縫製不良のような再生可能なものは、担当者に直しを指示し、再度良品とした上で出荷を行います。直しに出す際も、書類を添付して管理を徹底しています。

こうして見てくると材料の手配から検品完成まで、何人も何行程も経て製品が出来上がることがわかります。編み機に材料を仕掛けるところから完成するまでに、約1か月弱を目途としています。手配する材料が特別な色に染めないといけない場合などは、2~3週間、場合によっては1か月ほど時間を要することがあります。その場合、完成までに2か月近くかかることがあります。

糸の組み合わせを考えるのは大事!

毎年冬が近づいてくると、山屋産業の保温用シームレスサポーターが活躍してくる時期になりますが、糸の価格や用途、相性などを考えた方がよいでしょう。

ウール

保温用を追求する際、真っ先に浮かぶ糸と言えば「ウール」だろうと思います。確かにウールは空気を含む特性から、セーターや肌着にも使われる高級素材と言えます。しかし、このウールは糸値が高いという難点があります。糸は相場に左右されます。以前に比較してウール糸はかなり高くなっていると言わざるを得ません。

ウールは肌に触れるとチクチクすると言う人がいますが、このチクチク感を嫌がる方も比較的多いのです。保温用シームレスサポーターでウールタイプがない訳ではありませんが、価格面から採用が少ないことは事実だろうと思います。

ポリエステル

「ポリエステル」を使用した保温用シームレスサポーターは目に付きますが、その理由は以下が考えられます。

・糸値の安さ。最も安価に入手できる糸のひとつと言っても良いでしょう。

・入手しやすい。最もポピュラーな糸ですから、無くなることを心配する必要がありません。

実は国内繊維業が海外勢におされて徐々に衰退していく過程で、糸そのものが廃番になったり、糸メーカーが廃業しています。使用される数量が少ない糸は廃番のリスクが非常に高く、長期的に使用できるかどうかを見極めることが重要ですが、この点ポリエステルは心配ありません。

ですが、ポリエステルは一般的すぎて特徴に欠けるのが欠点でもありますので、別の糸を組み合わせる手法を採用することで、差別化を図っていくわけです。

ポリエステルとレーヨンの組み合わせ

好まれる組み合わせは、ポリエステルとレーヨンでしょうか。レーヨンは木材パルプを主原料にした化学繊維ですが、吸湿性があり光沢もありますので、肌触りも良くなります。

保温力という観点ではウールに軍配が上がるかもしれませんが、必ずしもそれだけで保温用シームレスサポーターが出来上がるのではありません。

山屋産業の丸編み機で編める糸やゴムの種類は豊富にあります!

これまで縫製できる幅や形状についてご説明してきましたが、糸とゴムの組み合わせによって色々な生地が編み立てできます。生地の風合いや厚み、ゴムの強さ、糸の色などによって、その仕上がりには無限の可能性があります。

白色のものがカラフルな色合いに代わるだけで、その生地の雰囲気は一変します。ニットはそうした面白い変化を楽しむことが、比較的容易に出来る良さがあります。

高齢者の方の中には、生地による締め付け感がない、比較的ゆったりした履き心地を求める方もいます。またその一方で、しっかりとした装着感で、安心感を得たい層もいらっしゃいます。こうした両極端な要望にお応えすることが可能なのが、ニット製品が求められる理由です。

黒色のアームサポーター

最近のサポーターは黒色のものが目に付きます。昔であれば白色が一般的でしたが、少しずつですが時代の変化を感じます。個性的なおしゃれを楽しみたい、人と同じでは嫌だ、といった細分化されたニーズに対応することも必要な時代となりました。

糸は染めることが必要な場合もありますが、糸屋さんにはあらかじめ色糸が準備されているものもあります。こうした定番の色糸を活用すれば、今までに見たことのない鮮やかな色合いの生地が生まれます。

目の詰まったサポーター生地(黒)と目の粗いサポーター生地(白)
↑目の詰まったサポーター生地(黒)と目の粗いサポーター生地(白)

また、サポーターの目のつまり方も調整することができます。目のつまりとは、おおざっぱに言うと、包帯のように網目が見えるつまり方がよいか、タイツの様に生地目の詰まったものがよいかというところです。丸編み機を使い分けることで生産する事ができます。丸編みのシームレスサポーターで何か作ってみたい方は是非ご相談ください。

よくあるご質問

 試作を依頼したいのですが、どうしたらいいですか?
 まずはお電話かメールでご連絡ください。
 縫製品(カットソータイプ)サポーターの試作は可能ですか?
 はい、可能です。具体的なサポーターがあれば教えてください。もしなければイメージやどんなタイプが希望かお知らせください。
 試作代はいくらですか?
 1回30,000円~をお願いしています。ただし、本番オーダーを頂いた場合、後日相殺することで試作代をお返しいたします。
 小ロットでも対応可能ですか?
 はい、可能です。ただし、使用できる資材に制約がある場合もございます。ただし、1枚あたりの値段が高くなります。
 納期はどれくらいですか?
 資材準備で時間を要することがありますので、一概にお答えすることができません。あらかじめご希望をお聞かせいただいた上、ご相談をさせてください。
 その他のご質問について
 お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

保温用シームレスサポーターをご存知ですか。ドラッグストアやホームセンターなどで販売されています。ひざ用とかひじ用、足首用などと部位毎に分かれています。ケガをした時に使用したり、温めることに使用したり、ケガ予防のために使用することもあります。

シームレスサポーターの語源

シームレスサポーターの「シームレス」とは、英語から来ています。英語ではseamが「継ぎ目」、lessが「~の少ない」という意味で、これが組み合わさってseamless「継ぎ目のない」という意味で使用します。よく「シームレスレギンス」「シームレスブラ」等といった単語を見かけますが、これはそれぞれ「継ぎ目のないレギンス」「継ぎ目のないブラ」という意味です。ユ●クロでは特に多くの製品を出しているように思えます。

また、継ぎ目が少ないと良い事は、着心地が良く、服に響かないということです。シームレスサポーターは他のパーツをつなぎ合わせたサポーターとは違い、サポーターの上から服を着ることができ、快適です。

山屋産業ではシームレスサポーターの加工が可能です

店頭で売られているシームレスサポーターは白系のものが多いようですが、近年では黒色も好まれるようになっています。白はケガをイメージさせるので、敬遠されているのか、黒が格好良いから選ばれるのか。

一般的に売られているシームレスサポーターというのは筒状になった単純なものですが、このサポーターに一手間加えることで、全く機能が変わる商品が開発できるのです。

例えばこんな感じです。

かかとにクッション
かかと部にクッション材が入っています

このサポーター本体は、かかとが付いた足首用サポーターです。このサポーターは保温用シームレスサポーターにクッション材をプラスしてあるのです。

かかと部を良く見ると、出っ張っているのが判ります。サポーターの内側に衝撃を吸収する機能があるウレタン素材を貼り付けてあるのです。

こうすると単なる足首用サポーターが、衝撃吸収サポーターに機能アップするわけです。プラスαすることがシームレスサポーターには出来ることを知って欲しいのです。

こちらも一手間加えた商品です。

シリコン塗布サポーター

サポーターの表面にシリコンが塗布されています。保温用シームレスサポーターに好きなデザインを塗布することが可能なのです。このような輪をイメージしたものでも、場合によって企業ロゴだって入れることが出来ます。

ちなみにこのサポーターはひざ部をシリコンで押さえることを目的としたデザインになっています。単純なひざ用サポーターだったものが、ひとつ加工したことで新機能が付加された珍しい商品に変わるのです。

圧迫することでなぜ膝の痛みがとれるのか

人間は痛い所があると本能的に手で押さえます。これは”押さえる”という刺激が 痛みを和らげることを知っているからです。人間の体は意外と不器用で複数の刺激を感じることが苦手です。触っている、押さえている、という刺激によって痛みを伝える神経の動きが鈍くなり、痛みを感じにくくなる効果があります。

https://www.moriseikeigeka.com/disease/knee_brace/

単純な保温用だけでは、他社製品となんら変わるところがありません。そこで既存のサポーターに新しい機能を加え、保温だけではなく、圧迫や衝撃吸収など、場合によっては固定といった機能までを、加工技術で補うことができるのです。

山屋産業(株)ではこうした加工まで承ることが可能です。シームレスサポーターの製造を検討されていて、付加価値をつけたいという方がいらっしゃいましたら是非一度ご相談ください。ご提案させて頂きます。

弊社は保温用シームレスサポーターをかほく市にある自社工場で生産しています。そこで編立したサポーターを活用し、得意の加工技術を駆使し、更により良いサポーターを作ってお届けしています。


ページの先頭へ